Monomax最優秀モノ大賞デニム&チノ部門のKURO、その他の雑誌掲載情報–Begin、UOMO、smart、MEN’s JOKER、Safari、FUDGE、OCEAN、SENSE、2ndなど

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

Monomax最優秀モノ大賞デニム&チノ部門グランプリ受賞のKURO

その他の雑誌掲載情報

Begin、UOMO、smart、MEN’s JOKER、Safari、FUDGE、WWD JAPAN、MONOMAX、POPEY、RollingStone、OCEAN、SENSE、などなど、、、

モード系からモノ系まで、
これだけ幅広く多くの雑誌に取り上げられるデニムブランドは、
他にないのではないでしょうか?

 

各紙で絶賛のKUROのデニムとチノパンは、
毎月何かの雑誌で必ず取り上げられています。

これらの雑誌掲載情報については、
KUROの公式サイトでアップされている「はず」なのですが、、、

しばらく前から、メーカー公式サイトにエラーが発生しちゃってるらしく、
過去記事が閲覧できなくなっている状態になっています。

 

そこで、TIURFで分かっている限りの全部のKURO雑誌掲載情報をここに載せちゃいます。

 

どうぞじっくりチェックしてみてくださいね。

*雑誌記事の、最新号から古い記事へ の順になっています。

この記事の続きを読む >>

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガバックナンバー:寒春対策!秋冬取り扱い全ブランドなど[TIURF NEWS]vol.138

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

https://store.tiurf.jp

T I U R F
vol.138 寒春対策!
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
1)寒春対策グッズ!
2)番頭日記復活しました!(本家seesaa)
3) 秋冬からのTIURF新ブランド取り扱いリスト

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
こんばんは。TIURFのホリゴメです。
昼間、実の妹とのやりとりで「今晩は雪らしいよ」って言われて、
「まーさか!!いま4月の中旬だぜ!」
って、妹の言葉をちっとも信じなかった兄です。
ウールのニットパーカー(ロベルトコリーナ)を着てもガタガタと寒いですね。
メルマガ配信、おひさしぶりでございます!
確かに、昼間で5℃でしたが、さっきまで高崎でも雪が降ってました。
あんまり寒いので「寒い春」でググってみましたら、
「寒春」
という言葉がありました。
寒いはずの冬が暖かければ暖冬、
熱いはずの夏が涼しければ冷夏、
春の場合は、寒春というらしいです。
戦前は寒春傾向だったらしいのですが、戦後は温暖化もあってどんどん暖かくなっていったそうです。
気持ちは春!だけど気温は冬なので、このギャップで風邪を引きやすいです。
とゆわけで、今週末はしっかり『寒春対策』しましょう。

1)寒春対策グッズ!

心の底からオススメできる、この寒春対策にぴったりのアイテムをご紹介します。
クリスヴァンアッシュ パッチワーク風ニット(長袖Vネック)

肩の部分はブロックチェック風、身頃はカギ穴風にニードル編みぽくなったニット。しかしよく見るとパッチワークではなく、肩の部分は固く、身頃はやわらかく、と編み地のテンションを変えて編んでいるニット。型くずれしないのに湿気は逃がす工夫。
クリスヴァンアッシュ カーディガンベスト
ウエストのサイドが切りっぱなし風にディテールが入ったニットベスト。
やや着丈長めなのでレイヤードがしやすく、かなり長いシーズン活躍します。素材も申し分ない柔らかさと高級感。
その他2010春夏ニットアイテム
KRIS VAN ASSCHE, DRIES VAN NOTEN, KOLOR, 08SIRCUS, YOSHIO KUBOのニットアイテム一覧です。
ドリスヴァンノッテンのナイロンアウター
高密度のナイロンを使用していて、見た目はローテクな柄だけどしっかり「使える」ブルゾンです。
私も、先日あまりにも寒いお花見の夜に(-2℃でした)に着て外出しましたが、薄いのにぜんぜん寒くなかったです。
08SIRCUSの麻シルクジャケット
シルクの畝が表に出るように織ったオリジナルの生地で、見た目はシルクの光沢、着心地は麻の快適さという究極の春ジャケット。
しかも裏地に非常に薄いモダール素材を使っていて、しなやかな着心地。
デザイナーキミノリモリシタのイチオシジャケットです。
08SIRCUS
KOLOR
===

2)番頭日記復活しました!(本家seesaa)

シーサー版の本家「番頭日記」が復活してます。

昔からの顧客様には、懐かしい。
最近TIURFを知った方には、アメブロ版の番頭日記の方が馴染みがあるかもしれません。
パソコンで見たときに背景が黒い方が本家で、背景が白とオレンジの方が分家です。
本家 http://buyernote.seessaa.net
分家 http://ameblo.jp/buyernote2/
TIURFは、前身の会社だったころから「番頭日記」というブログを書いております。
たしか、2003年頃にスタートしたと記憶しています。
当時は、日本でファッションを題材にしたブログは非常に珍しかったので、ちょっとファッションに興味がある人ならば、たぶん検索していて一度くらいは番頭日記を見たことがあるかと思います。
2007年にTIURFが独立しまして、それまで書いていた記事は、まとめて非表示にしてしまいましたので、
いまでもカテゴリだけは「NEILBARETT」「MONCLER」「RAFSIMONS」などが残っているのはそのためです。
いずれ時間がある時に、前の会社へのテキストリンクなどを全部修正したら、いつか記事を復活させたいとは思ってます。
その後、アメブロを芸能人らが使い始めてがブームになってきたので、
私も「ブームは乗らなきゃ損」って感じで、アメブロに移行したのですが、
いまでも本家Seesaaの方が(更新していないのに)アクセスが多いことや、
私自身の更新のしやすさ、
あと、複数の顧客にヒヤリングした結果、Seesaaの方が携帯からだと読みやすい、
という意見や、
iphoneに表示が対応しているということもあって、
http:///buyernote.seesaa.net の方を復活させることにしました。
アメブロの方は、主にiphoneで更新していき即時性を追求。
Seesaa版の本家の方は、より専門的な部分を書いていきます。
とは言え。。。
気合い入れて頑張って書いた 秋冬のkolorやnorikoikeの記事は、
記事にするのが早すぎるということで、クレームがついてしまい、
せっかく書いた力作の記事は削除してしまいました。
(まぁ当然なんですが。。)
運良く読めた方はラッキーでしたが、関係者にはご迷惑をおかけしました。
とゆわけで、これからは本家番頭日記もよろしくお願いいたします。

ノリコイケ norikoike 2010aw Exhibition

http://buyernote.seesaa.net/article/146558709.html*写真削除
LYTHA(リタ)の発注を決めた理由。 LYTHA 2010-2011AW EXHIBITION
http://buyernote.seesaa.net/article/146450324.html

=====
3) 秋冬からのTIURF新ブランド取り扱いリスト
いよいよ、TIURFの来季秋冬ブランドの構想がまとまりました。
ブランドは、グッと増えて、全21ブランド、うち来季デビューの新ブランドや、日本国内初上陸(TIURF エクスクルーシブ)もあります。
来季扱いブランドリスト
継続ブランド
KRIS VAN ASSCHE
DRIES VAN NOTEN
JOHN GALLIANO HOMME
DSQURED2
KOLOR
08SIRCUS
YOSHIO KUBO
UNDECORATED MAN
BUTTERO
PARABOOT
CORNELIAN TAURUS BY DAISUKE IWANAGA
SHARE SPIRIT
JOHNBULL
AJU
OLIVER PEOPLES FOR KRIS VAN ASSCHE
BELRUTTI FOR KRIS VAN ASSCHE
MASTERPIECE FOR YOSHIO KUBO
GALAABEND
JAS M.B.
PATRICK STEPHAN
来季からの新規取り扱いブランド
LYTHA(リタ)
DOMENICO+SAVIO(ドメニコ+サヴィオ)
RIVIERAS(リヴィエラ)
SPRING COURT(スプリングコート)
JOYRICH(ジョイリッチ)
MICKEY MOUSE JOYRICH
取引申請待ちブランド
T*******
COTE MER(コートメール)
NORI KOIKE(ノリコイケ)
目玉だらけの来季!目移りが激しくて卒倒しそうです。
ノリコイケは、
バーニーズの東京店がオープン時から10年以上取り扱う、念願の定番中の定番ブランド。
度詰めのTシャツやニットは、最強です。
レディスも取り扱います。
メーカーとの申請待ち。
ドメニコ+サヴィオは、
来季からデビューの、レザーブランド。価格破壊。
なんとベーシックなレザーで35000円からあり、こっそりとやってますが、予約も殺到中。
取り扱い確定。
リヴィエラ。
生産はスペイン、デザインはパリというシューズブランド。
リヴィエラ(海岸)を歩くために作られたシューズで、砂や海水が抜けるようにつま先がメッシュになっています。
高温多湿な日本には、まさに最適。
なんと、日本未上陸ブランドなので、みなさん覚えいておいてください。
「リヴィエラは、日本で最初にTIURFが取り扱いを始めたよ」と。。。
絵に描いたようなひげ面のユダヤ人(笑)の方と交渉を重ねた結果、取り扱いが確定しました。
パリでは、UA栗野さんお気に入りの老舗百貨店ボンマルシェや、コレットでも取り扱いがあります。
赤・白・黒・トリコロールで入荷があります。
9000円くらい。
店頭の顧客さんには、「スゲー靴ブランドやるよ!」って話していたのですが、ようやく取り扱いが確定しました。
スプリングコートは、
かの有名なアビーロードで、ジョンレノンも履いていた、パリの老舗スニーカーメーカー。
中敷きを外して洗濯機で洗えるように工夫されています。
ホリゴメも愛用。
定番のG1の他、G2の限定品を2型チョイス。8500円~
リタは、ブログに詳しく書きました。
COTE MER(コートメール)は、
ダメージが得意なデニムブランド。
入荷待ちです。
T*******は、まだ内緒。取り扱いが決まったら、番頭日記で詳しくご説明します。
==
TIURF
027-384-3713
info@tiurf.com
https://store.tiurf.jp
週末は、寒春対策!
PS
募集していた求人ですが、ようやく一人、プログラマーさんの入社が決まりました。
イズム注入中。 http://twitter.com/tiurf
最近、ダブステップというジャンルの音楽に興味あって、CD買いあさってます。
ダブステップ
http://www.youtube.com/watch#!v=RB3Ylimfs8s&playnext_from=TL&videos=l-9IyOJgPx0
↓ipad買うかどうか迷った人が見る動画↓↓
2.5才の幼児にいきなりipadを渡したら、の実験。
では、。猫にいきなりipadを渡したら、の実験
LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

John Gallianoが仏レジオンドヌール勲章を受章

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ガリアーノ受賞
TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ガリアーノ様のこと
TIURF / GALLIANO HOMME

ジョンガリアーノオムの2010春夏は、2010年1月中旬頃入荷予定です。お楽しみに!
ガリアーノの2010春夏モデルは、ガリアーノの公式サイトでもうご覧頂くことができますよ。
http://www.johngalliano.com/ — > menu — > men — > 2010ss

TIURF
TIURFは、ジョンガリアーノオムの国内正規取扱店です。
TIURF / GALLIANO HOMME
 

ジョンガリアーノ様が、名誉ある賞を受賞しておりました。
デザイナーJohn Galliano(ジョン・ガリアーノ)が、仏レジオン・ドヌール勲章のシュヴァリエを受章し、騎士(ナイト)の称号が与えられた。

 John Gallianoは、自身のブランドの他に「Christian Dior(クリスチャン・ディオール)のクリエイティブ・ディレクターを務める。2001年にはイギリスにおいて大英帝国勲章CBEを受章したが、それに続き、フランスでも名誉ある称号を得た。

 同氏は1960年、英領ジブラルタルに生まれ、ロンドンに移住。セントマーチンズ校を主席で卒業し、1985年に自身のブランド「JohnGalliano」を立ち上げた。1991年よりパリコレクションに発表の場を移す。1995年、「GIVENCHY(ジバンシー)」のデザイナーに就任、1996年に「GIVENCHY」を退任し、「ChristianDior」のデザイナーに就任。1988年、1994年、1995年と3度のブリティシュ・デザイナー・オブ・ザ・イヤーを受賞しており、アバンギャルドな作風でモード界を牽引してきた。

(以上、本文ネタ元:fashionsnap.com)
TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ガリアーノ受賞
TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ガリアーノ受賞
2001年に大英国勲章第三位(CBE=コマンダー(司令官)受賞も凄いですが、
今回フランスでも今回、第五位のシュヴァリエ(Chevalier, 騎士、勲爵士)を受賞ということで、
おめでたいことですね。
ちなみに、大英国勲章の第三位というのは、どれくらいすごいかというと、
あの、ビートルズが第五位のMBE(メンバー(団員))が与えられているということなので、
けっこう高い位なのだと察します。
今回受賞のフランスのロルドル・ナショナル・ド・ラ・レジオン・ドヌール勲章は、
フランスでは現在でも最高勲章で、
「ナポレオン1世」が設立した賞だというから、
ナポレオンをマイアイドルとして大好きなガリアーノ様のことですから、
ナポレオンの作った賞の騎士の受賞は、さぞかしうれしかったでしょうね。
TIURFでは、
ジョンガリアーノ、2010春夏モデルは2010年1月中旬頃入荷を予定しております。お楽しみに!
TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ガリアーノ国内正規取扱店公式通販サイト
TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ガリアーノ国内正規取扱店公式通販サイト

TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ガリアーノ国内正規取扱店公式通販サイト

TIURF / GALLIANO HOMME

ジョンガリアーノオムの2010春夏は、2010年1月中旬頃入荷予定です。お楽しみに!
ガリアーノの2010春夏モデルは、ガリアーノの公式サイトでもうご覧頂くことができますよ。
http://www.johngalliano.com/ — > menu — > men — > 2010ss

TIURF
TIURFは、ジョンガリアーノオムの国内正規取扱店です。
TIURF / GALLIANO HOMME
▼おまけ画像

TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ガリアーノ受賞TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ガリアーノ受賞
TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ガリアーノ受賞TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ガリアーノ受賞TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ガリアーノ受賞
LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

全LOOK ヨシオクボ東京コレクション|Yoshio Kubo Tokyo2010ss

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

TIURF
TIURFのヨシオクボStore
 


Yoshio Kubo

2010ss

Tokyo collection ALL LOOKS

先日、東京代々木体育館を貸し切って開催されたヨシオクボの東コレの全ルックを、どどーんとご紹介いたします。
*photo by fashionsnap

TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ヨシオクボ_yoshiokubo_2010ss東京コレクションTIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ヨシオクボ_yoshiokubo_2010ss東京コレクション
TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ヨシオクボ_yoshiokubo_2010ss東京コレクションTIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ヨシオクボ_yoshiokubo_2010ss東京コレクションTIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ヨシオクボ_yoshiokubo_2010ss東京コレクションTIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ヨシオクボ_yoshiokubo_2010ss東京コレクション

1-6 look

TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ヨシオクボ_yoshiokubo_2010ss東京コレクションTIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ヨシオクボ_yoshiokubo_2010ss東京コレクションTIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ヨシオクボ_yoshiokubo_2010ss東京コレクションTIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ヨシオクボ_yoshiokubo_2010ss東京コレクションTIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ヨシオクボ_yoshiokubo_2010ss東京コレクションTIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ヨシオクボ_yoshiokubo_2010ss東京コレクションTIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ヨシオクボ_yoshiokubo_2010ss東京コレクションTIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ヨシオクボ_yoshiokubo_2010ss東京コレクションTIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ヨシオクボ_yoshiokubo_2010ss東京コレクションTIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ヨシオクボ_yoshiokubo_2010ss東京コレクションTIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ヨシオクボ_yoshiokubo_2010ss東京コレクションTIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ヨシオクボ_yoshiokubo_2010ss東京コレクション

7-18 look

TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ヨシオクボ_yoshiokubo_2010ss東京コレクションTIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ヨシオクボ_yoshiokubo_2010ss東京コレクションTIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ヨシオクボ_yoshiokubo_2010ss東京コレクションTIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ヨシオクボ_yoshiokubo_2010ss東京コレクションTIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ヨシオクボ_yoshiokubo_2010ss東京コレクションTIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ヨシオクボ_yoshiokubo_2010ss東京コレクションTIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ヨシオクボ_yoshiokubo_2010ss東京コレクションTIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ヨシオクボ_yoshiokubo_2010ss東京コレクションTIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ヨシオクボ_yoshiokubo_2010ss東京コレクションTIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ヨシオクボ_yoshiokubo_2010ss東京コレクションTIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ヨシオクボ_yoshiokubo_2010ss東京コレクションTIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ヨシオクボ_yoshiokubo_2010ss東京コレクション

19-30 look
いまや、東京のコレクションウィークを引っ張っている存在といえるYoshio Kubo。
ショーは9/17でしたが、実は6月末には全部のルックが完成していたそうです。
実は6月7月のパリコレウィーク中に、パリで何度もコレクション会場でヨシオクボさんに会っていたので、今回のコレクションは、その時見た印象とかパリの空気とかが、どんな風に自身のコレクションに影響を与えるのかなーと、その影響ぶりを楽しみにしていたのですが、実際にはもうこの時期には全サンプルができあがっていたそうで、パリ後に手は加えていないそうなんですね。
いつも仕事が早い久保嘉男さんならではのエピソード。
まー、だったら、パリでも展示会してしまえばいいのに。。とも思いますがw
謙虚な方です。
そんで、わたしが撮った動画や画像も、下のようにムービーとして作成中。
TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ヨシオクボ動画作成中
動画の方は、しばしお待ちください。
TIURF
https://store.tiurf.jp
info@tiurf.com
027-384-3713

TIURFのヨシオクボStore

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

9/22 [ T I U R F NEWS ]vol.110 バックナンバー

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

*この記事は、9/22に配信したメルマガのバックナンバーです。
https://store.tiurf.jp

T I U R F
vol.110 プラチナウィークもあと1日
こんばんわ。
TIURFの番頭です。
9月の大型連休。あと1日となりましたね。
季節の変わり目、夏の疲れや体調を癒すため、
絶好の骨休めになった人も多かったのではないでしょうか?
ところで僕は、
最初に今回の連休を「プラチナウィーク」って聞いてたので、
てっきりプラチナだと思ってたんですが、
一般的には「シルバーウィーク」が正しい?みたいですね。
でも、「プラチナ」の方がちょっとなんだか嬉しいので、
個人的には「プラチナウィーク」って呼びたいですね。
==今週の内容==
■カタログ届きました?ポストを確認!
■ヨシオクボ個人発注受付10/4まで
■新サイトでは再登録してください。(お願い)
== == ==
★カタログ届きましたか?
先週、約1ヶ月の製作期間を経てやっと完成したDM。
木曜日に投函完了!!
みなさまのお手元には、昨日の午後くらいに届いていると思います。
まだ見てない人は、ぜひPOSTをチェックしてみてくださいね!
カタログ到着後、お問い合わせなどで評判がいいのは
1)JAS M.B.の入荷時期はいつ? >>10月上旬くらいです。
2)JAS M.B.のレザーグローブいくら? >> 13000円?
3)ロベルト・コリーナのショールカラージャケットいくら? >>38000円
4)SOLD OUTになってるアイテムの再入荷はあるか? 
>>基本的にムリですが、100%なくもないので、一応ショップに問い合わせしてみてください。
5)ボリュームがあって凝ったDMですね。>>ありがとうございます!
6)kolorめっちゃかっこいいですね。>>全部オススメですが、パンツ類はサイズ1が再入荷します。
7)クリスでニット入りませんか?>>ニットも4種類入荷済みです。
という感じです。
ご来店の地元のお客様も多いですが、お電話でのお問い合わせも非常に多いです。
カタログに載っているアイテムはみな入荷しますが、
カタログ以外のものも入荷してますので、詳細はwebかショップに直接お問い合わせください。
027-384-3713
== == ==
★ヨシオクボ個人発注受付10/4まで
さて、先週はいよいよ東京でファッションウィークがスタートしました。
ウィークって言っても、10月末くらいまで続くので、むしろマンスですw
オフスケジュールで参加のYOSHIO KUBOも見てきましたが、
良かったですね!
ヨシオクボは、来週展示会なので、
来週10/4まで[個人発注]!を受け付けます。
個人発注の方法は、他の海外コレクションブランドと同様です。
初めての方は、ショップまでお気軽にご相談くださいね。
▼ヨシオクボ2009-10aw の写真を全て見る(PC)
http://www.fashionsnap.com/report/2010-spring-summer/yoshio-kubo/
▼ヨシオクボ画像携帯はコチラから。(携帯)

http://bit.ly/8coYr

ちなみに、余談ですが、、、、、・
ヨシオクボの会場で受付をすませると、
受付の方がエリの裏の隠しマイク?みたいなもので
「今番頭さんがお見えです」
とスタッフに連絡。
すると招待された席は、なんとVIP席!
カメラ側席のフロントローで、カメラに近すぎて写ってないくらいですw
ぼくの横には、名前を知らないめちゃくちゃ可愛いアイドル?がいて、
真正面には、山本梓(あず)がいました。
ちょっとファンになっちゃうくらい可愛かったです。顔ちっちゃいし。
自分のこと「あず」って呼んでたので、ほぼ本物でしょう。
お母さんと一緒で、お母さんもかわいらしい人でした。
山本梓さんは、今週のヤンマガの表紙になってますので、カワイさcheckしてみてくださいネ。
こんないい席を用意してくれて、ヨシオクボさんにも感謝です!
目の保養になりましたw
ショーの様子はコチラ。
▼番頭日記に載せました。
== == ==
★新サイトではアカウントを再登録してください。(お願い)
「2009-2010秋冬シーズンよりサイトを引っ越しいたしました。」
日頃よりTIURFのwebサイトをご利用いただきまして誠にありがとうございます。
以下は、2009年4月以前に旧サイトでアカウントを作成していただいた方へご案内です。
新サイトがオープンしましたので、ブックマークの変更と、新規会員登録の「再登録」のお願いです。
旧サイトのアカウントではログインできませんので、大変お手数ではございますが、新規会員登録をコチラからお願いします。
▼新サイト会員登録の再登録
なお、ただいま会員登録をしていただいた方には、特別に2000ポイントがつきます。
2007年よりスタートしたTIURFwebsiteは、複雑なPHPプログラムで動く多機能通販サイトとしてスタートしました。
多機能ではありましたが、プログラムが海外の物であったために、
日本語の文字化けなどの不具合がたくさんあり、開発当初から様々な問題がございました。
利用者の方々にはご不便をおかけしておりました。
そこでこの都度、様々な問題をクリアした新サイトとして、2009-2010秋冬シーズンよりサイトを引っ越しいたしました。
会員情報は個人情報のため引き継ぎがこちらで出来ません。
そこでお手数ではございますが、新サイトの方で改めて会員登録をお願いします。
▼新サイトはコチラ
いま新規会員登録されますと、2000ポイントがつきます!(1ポイント=1円)
さらに、お買い物で5%のポイントがつきます!
*旧サイトでのポイントは引き継ぎができません。予めご了承ください。
*旧サイトでは、会計時に5%オフで、ポイントはつきませんでしたが、
新サイトでは、お買い物毎にポイントが5%つきます。
*web上のカード決済、PAYPAL決済は、10月末頃に実装予定です。
*旧サイト: http://tiurf.com
TIURF
PS
カタログ、誤字やスペルミスがけっこうあって、刷り上がりをみて「うわーっ汗」て感じです。(汗
でも中はかっこよくなったかなと思います。
いかがだったでしょうか?
気になるアイテム等ございましたか?
LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

ぼくの読んでるブログ。

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

[ https://store.tiurf.jp]
[ http://tiurf.com]
最近、
ブログ、twtter、携帯百景、mixi、会員制SNSと、
まー実にたくさんのところで更新をしている番頭タカアキです。
で、ぼく自身はどんなところから情報をゲットしているかというと、
もちろん、自分の目と足でみつけた一時情報が一番大事なんですが、
もちろんブログやtwitterも駆使してます。
なんてったって、ぼく自身が2005年くらい?からブログ書いていて、
HPは、ホームページビルダーも普及してなかったような1998年から作ってました。
そんなぼくが、いまどんなブログをチェックしているかを、ざっと挙げてみます。
もう読まなくなってしまったけど、昔はスゲー読んでたとか、
そーいうのは省いてあります。(ABCアメリカンバカとか)
この中でも、全部を毎日読んでるわけではなくて、
rssでIGOOGLEに登録しておいて、
タイトルが面白そうなものを、時間のあるときにまとめて
10~30まとめ読みする感じです。
★★★殿堂入りブログ★★★
「更新されていたら必ず読んじゃうMY MUST BLOG

さとなお
http://www.satonao.com/
コメント:文化人。たぶん業界人はみんな読んでる、密かに影響力のあるアルファブロガー。最近twitter始めた。
太田伸行の「売場に学ぼう」
http://plaza.rakuten.co.jp/tribeca512/
コメント:IFI時代の先生。今はイッセイミヤケの社長。
VIPPERな俺
http://news23vip.blog109.fc2.com/
コメント:2chのvipperのまとめサイト。雑学系
痛いニュース
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/
コメント:2chのvipperのまとめサイト。雑学系
DESCIPLINE
http://lepli.org/discipline/
コメント:ファッションジャーナリスト平川さんのサイト。すごくたまに更新するが、いつも時代を示唆している。
TUYOSHI TAKAHARA BLOG
http://blog.honeyee.com/ttakashiro/
コメント:高城剛氏のブログ。今一番影響を受けてる人。
徹底好銭
http://blog.livedoor.jp/tokunoriben/
コメント:ラ○ブドアに就職した若者が七転八倒。
ANTWERP SIX+12
http://fashiontrendenglish.blog49.fc2.com/
コメント:mixiのマイミクさん。某国内ブランドを経ていまはドリスヴァンノッテンのパターンナー。
☆★★ほぼ殿堂入りブログ

「更新されていたら必ずチェックして、記事によって読むBLOG」
犬彦の残りカス
http://d.hatena.ne.jp/Yosh/
コメント:圧倒的な表現力。とにかくおもろい。
ひろゆき@オープンsns
http://www.asks.jp/users/hiro/
コメント:元2chオーナーのひろゆき氏のSNS。
デヴィ夫人オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/dewisukarno/
コメント:芸能人とは思えないくらい政治関係に詳しい。
両国さくら
http://apalog.com/sakura/
コメント:とにかく情報が早い。
404 BLOG NOT FOUND
http://blog.livedoor.jp/dankogai/
コメント:コメント不要のIT業界の哲人。
STAFF COLUMN
http://www.district.jp/column/
コメント:栗野さんの記事だけ読んでる。
きっこのブログ
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/
コメント:けっこう問題を起こす人。
新・両国さくら
http://ryogokusakura.cocolog-nifty.com/blog/
コメント:2つあるブログのニフティ版。
TECKCRUNCH JAPAN
http://jp.techcrunch.com/
コメント:IT関係の情報はほとんどここで仕入れている。早い、正確。
☆☆★マメにちぇっくしてるブログ

ファッションニュース
http://www.fashionsnap.com/news/
コメント:写真付きでわかりやすい。
BIRTH OF BLUES
http://birthofblues.livedoor.biz/
コメント:辛口。
植草一秀の「知られざる真実」
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/
コメント:最近は追って読んではいないが、政治のある見えない分を確実に書いている人。
高橋健太のブログ
http://blog.livedoor.jp/kentaro51/
コメント:非常に将来有望な頭の良い若者のブログ。就活おわったのかな。
情報考学
http://www.ringolab.com/note/daiya/
コメント:書評が面白い。
たけくまメモ
http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/
コメント:サブカルチャー語らせたらハンパない洞察力。とくにポニョの時が凄まじかった。
六本木で働いていた元社長のアメブロ
http://ameblo.jp/takapon-jp/
コメント:いわゆるホリエモン。最近は発言が左翼的すぎておもしろくない。
ちょっと一息
http://cafekirara.exblog.jp/
コメント:古い友達のお兄ちゃん。
FREE STYLE WEBLOG
http://mishuku.net/
コメント:身近にいる友人の中で一番ITにくわしい。
AFP国際ニューズ
http://www.afpbb.com/
コメント:ニュース。写真付き。
侮ログ
http://kangofu.blog10.fc2.com/
コメント:文章の面白い人が毒舌でサブカルな事書いてる。
☆☆☆内容によってチェックする頻度が高いブログ

■ファッション情報
MEKAS
http://mekas.jp/blog/
コメント:twitter経由での更新になってしまってからつまらなくなってしまったが、外人が日本ファッションについて語っている。
ON THE RUNWAY NY TIMES
http://runway.blogs.nytimes.com/
コメント:NYタイムズのファッションページ
狂ったキルト
http://lastsupper.exblog.jp/
コメント:海外在住の日本人。着眼が早い。
FASHIONIST
http://fashioni.st/index.php
コメント:海外のふつうの町ののストリートスナップ
KANAさんの「パリ現代アートギャラリー攻略ブログ」
http://kana-sunayama.iza.ne.jp/blog/
コメント:mixiマイミクの人。
COUTORTUER
http://www.coutorture.com/
コメント:写真がキレイ。
LASTNIGHTPARTY
http://lastnightsparty.com/
コメント:エロい。
脱oem宣言! アパレル経営者の方へ
http://apalog.com/chigira/
コメント:twitter仲間。アパレルウェブの千金楽さんのブログ。
■音楽情報
ナタリー
http://natalie.mu/
コメント:音楽関係の写真が豊富。
■IT関係
CNET JAPAN
http://japan.cnet.com/
コメント:ここもITかんけいで重要なサイト
IT MEDIA ANCHORDESK TOP
http://www.itmedia.co.jp/anchordesk/
コメント:ここもITかんけいで重要なサイト
ホームページを作る人のネタ帳
http://e0166.blog89.fc2.com/
コメント:以前よく利用してました。いまでもタグとかわかんないときに使ってます。
インストラクターのネタ帳
http://www.relief.jp/itnote/
コメント:以前よく利用してました。いまでもタグとかわかんないときに使ってます。
WEB屋のネタ帳
http://neta.ywcafe.net/
コメント:以前よく利用してました。いまでもタグとかわかんないときに使ってます。
アルファブロガーズ
http://alphabloggers.com/
コメント:アルファブロガーばかりを集めたサイト
ヱビスブログ
http://thug4dev.com/
コメント:たまーに覗きます。
■裏情報・雑学
100SHIKI
http://www.100shiki.com/
コメント:有名な百式さん。
木走日記
http://d.hatena.ne.jp/kibashiri/
コメント:ここも有名サイト。
80年代~90年代前半を回顧するブログ
http://sskkyy81.blog4.fc2.com/
コメント:ここは現在更新がストップしているが、ものすごいアーカイブが詰まってる。
コソの出来事
http://koso.jugem.jp/
コメント:まとめサイト。
TBN
http://tbn2.blog50.fc2.com/
コメント:前は、毎日チェックしていたサイト。最近は発言が偏ってたから読んでない。
TRAVELING WITH THE GHOST
http://travelinghost.blogspot.com/
コメント:幽霊?
増田にゃんねるβ
http://masuda.livedoor.biz/
コメント:雑学たっぷり。
■地域
六本木新聞
http://roppongi.keizai.biz/
渋谷経済新聞
http://www.shibukei.com/
高崎前橋経済新聞
http://takasaki.keizai.biz/
■自分のブログ

番頭日記
http://buernote.seesaa.net
コメント:元祖。2005年くらいから書いてる。
番頭日記アメブロ
http://ameblo.jp/buyernote2/
コメント:一旦シーサーからアメブロに浮気して乗り換えようと思った。機能的に使い得ないものが多いので、書く内容で最近は分けている。
twittet
http://twitter.com/tiurf/
コメント:ぜひフォロープリーズ。
FRIENDFEED
http://friendfeed.com/tiurf
コメント:番頭的なまとめサイト。
プロフィールiddy
http://iddy.jp/profile/TIURF/
コメント:プロフィールサイトとして作ってみました。
携帯百景
http://movapic.com/tiurf
コメント:お客さんの店内スナップに使ってます。
他、まだまだあるけどこのくらいにしておく。
ではでは。
なんか他に面白いものとかあったら、教えて下さい。
あと、ぼくもTWITTERなんぞやってますんで、よかったらフォロお願いします。
TWIITER画像TIURF
[ https://store.tiurf.jp]
[ http://tiurf.com]

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

東コレのこれからと、オフスケジュール参加について考えてみる。:第9回「東京発 日本ファッション・ウィーク(JFW in TOKYO)」参加ブランド/ヨシオクボは、またもオフスケジュールで参加か?

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

[ http://tiurf.com ]
[ https://store.tiurf.jp ]
■東コレのこれからと、オフスケジュール参加について考えてみる。


▲動画は、yoshiokubo 2009-10aw 東コレ


毎年東京で開催される、日本ファッション・ウィーク(東京コレクション=東コレ)の
参加ブランドが発表されました。
参加ブランドリストを、この記事の下の方に載せておきます。
さて
毎シーズン、東コレの案内が届く季節になると、
いつか
「すげーーーーーーー!!!!!」
というコレクションと遭遇するかもしれないという
期待感があって、たくさんのショーを毎回見に行くんですけど、
実は憂鬱になる。
楽しいファッションショーをたくさん見られるのに、なんで憂鬱かというと、
毎回少し期待を裏切られるから。
どうしても、本場のパリやミラノのコレクションと比べてしまうからかもしれませんが、
「出張がだらだらと増える」
「つまらない外れなショーがある」
「ショーをやるレベルじゃないデザイナーがお遊戯会してる」
「魅せ方や表現に問題があり、服がよくわからない」
「ショーをやる必要が無いブランドまでショーをやりたがるが完全に自己満足」
とかとか。。
毎シーズン、すごく期待してたくさんのショーを見させていただいているのですが、
服のレベルそのものが、まだまだというのは論外ですが、
魅せ方や運営方法で、クタクタに疲れてしまうことが多々あって、(会場が離れてるとか)
期待して見に行っても、何度となく裏切られているので、
「はー、またこんなショー見るために一日を使ってしまった」
と。
やる方のデザイナー側も、
いくら国から補助金がでるからといって、
誰彼かまわずショーをやらなくってもいいんじゃないでしょうか。
で、下にリストを載せましたが、これによると、
またしてもヨシオクボの名前がリストにない!!!

なんでかというと、
今回も彼はオフスケジュールでの参加なのかと思います。
オフスケジュールで参加、というのは、
簡単に言うと、
東コレスケジュールから外れて、自主参加する、ということで、
つまりは
「国や機関からお金をもらわずに、自前でコレクションを開くということです。」
スケジュールに載って参加すれば、
国から補助金もでるし、会場やモデルの手配も簡単だし、広告新聞プレスにも載りやすい。
だけど、そういったメリットがある「オンスケジュール」よりも、
それでも
「オフスケジュールで参加」
というのは、一般の人にはなかなか理解しにくいかと思います。
デザイナーの久保義男さんが、素直に東コレに参加せず、
オフスケジュールでの参加にこだわる理由、というのも、ここで書くと長くなるのですが。
東コレそのものの、運営方法に、
若手クリエーターが反抗している、という図なんですね。
この点は、
「どうして○○や○○がオフスケジュールなのか。」と、
多くの外人バイヤーも、この点は非常に残念がっている理由と一致します。
みなさんも、
「あれ、そーいえば、あのブランドもあのブランドも、コレクションやってるけど、
スケジュールに載ってないな」
というブランドがいくつか思いつくと思います。
かれらも、オフスケジュールで自費で参加してます。
オンかオフかは、
僕としては、もうどっちでもいいんです。
つまらないショーを観るために、毎回東京に行くのも非常に疲れますし、
いずれは、いま人気の高いガールズコレクションに東コレが吸収される形で、
東コレのスケジュールが一本化してくれればいいのにな、
っていうふうにも思いますが、
なかなかむずかしいんでしょうね。
その背景には、
girls collecitionの、109を始めとするストリート出身のブランドを
モード系デザイナーが下に見ている、一緒にされたくない、
という考えがあるのかなということと、
girls colleciotnが、
「主催が企業で、観客が実際の消費者やそのブランドのファン」なのに対して、
従来からの東コレは、
「主催が個別のメゾンで、観客はバイヤーやプレス」で一般のお客さんは入れない、というかなりクローズな閉ざされた環境での発表で、いわば、対象としているターゲットや招待客がまるでちがう、
という理由があると思います。
なので、いくらgirls collecionが人気があるといっても、
さまざまな違いから、なかなか東コレとは一本化できないように思います。
ぼくらバイヤー(あるいは一ファンとして)からしてみると、
まーどっちでもいいんです。
どちらにしたって、
日本国内の狭い市場をターゲットにしてるかぎり、
海外の大きなマーケットに比べれば、日本だけなんてたかがしれてる「対象」ですし、
なのに、世界中を「対象」にしているパリコレにあこがれて、同じように巨額な資金を使ってショーをする必要もない気がします。そういう時代はとうに過ぎ去りました。
資金回収をどうするか、どれだれプレスやバイヤーを呼べるか、
そのためには効率的に運営する必要があって、
そのために、JFWが頑張ってるわけですが、、、
girlsコレクションは、その点画期的でぜんぜん違うアプローチから人気があるし、
実際にファンから支持されているので、
いずれは東コレがガールズコレクションに吸収されてもおかしくない。
東京では、
オフスケジュールも含めれば、ものすごいたくさんの数のデザイナーがショーをしてます。
その数は、世界を対象にしたパリコレと、実はさほど変わらないんですね。
日本のラグジュアリーブランドの売上げシェアは、全世界の24%くらいなので、
ショーの開催デザイナーの数も、パリコレの4分の1くらいでいいんじゃないかと。
ということは、もっとショーをするデザイナーの数を減らして、
ショーそのもののクオリティを上げればいいのでは、という発想になるわけですが、
逆に、「あそこよりはうちの方がいい服作ってる!!」という自信のあるブランドに、
どんどん参加してもらえばいいんです。
減らすのが無理なら、JFWからの補助金を、
各ブランドに均等に出すのではなくて、
前年の実績の上位25%だけにどーんと多額にだすとか。


審査する審査員も、
たとえばメンズだったら、
繊研新聞の小笠原さん、銀座松屋の田中さん、UAの栗野さん、sosuの青田さん、イッセイの太田さん、エルメスの有賀さん、フジマキジャパンの藤巻さん、元レオンの岸田さん、鎌倉の平川さん、とかとか、
このへんが僕の知ってる日本代表クラスのメンズコレクションに精通した関係者ですが、
各国のコレクションを長年見続けた玄人ばかりのそうそうたるメンバーで、文句のでない人選を揃え、メンバーがちゃんと各ブランドに対して世界基準の寸評を与える。
で、上位25%に翌年の補助金をどーんと出す、縫製工場や機屋さんがどんどん協力する。
日本人は「評価」好きなので、ミシュランみたいに☆☆☆で評価したりして、それを公表したりして。☆がついたら、プロの目から見てまじめな仕事をしているデザイナーがちゃんと評価されたとことで、とうぜん売上も上がる。☆付きブランドの本作ったり、その取扱店を地図にしたり。各年の年表を作ればそれも売れたり。使ってる産地や生地屋や縫製工場も全部リストにして公表しちゃう。(日本酒の産地や米の品質表記みたいに)そしたら☆付きのブランドと取引をしている生地屋や縫製工場も評価が高まって、海外からも受注がくる。
これで、日本のファッション業界はめっちゃ向上すると思います。
みんなスゲー頑張ると思います。
そうしたら、補助金が欲しい自信満々の新人デザイナーがどんどん参加してくるんじゃないかな。海外からも当然来るでしょうね。
これだけ多忙な人を揃えるのに1週間じゃ長すぎますから、3日間集中開催とかでね。
まーあるいは、
ヨシオクボさんらが率先して、ガールズコレクションに対抗して
boys colleciotnとかするのも手かと。おもしろいのにね。
もりあがればいいんすよ。要は。
とゆわけで、
今回の東コレ(日本ファッション・ウィーク(JFW in TOKYO)の参加リストはこの下に。
みなさんは、このリストを見て、どう感じますか?
ではでは。


■第9回「東京発 日本ファッション・ウィーク(JFW in TOKYO)」参加ブランド(2009年7月22日現在)
 (ブランド名 / デザイナー名)

AGURI SAGIMORI(アグリ サギモリ) / 鷺森 アグリ(サギモリ アグリ)
AKIRA NAKA(アキラ ナカ) / AKIRA NAKA(アキラ ナカ)
araisara(アライサラ) / 荒井 沙羅 (アライ サラ)
ato(アトウ) / 松本 与(マツモト アトウ)
beautiful people(ビューティフル ピープル) / 熊切 秀典(クマキリ ヒデノリ)
Christian Westphal(クリスチャン ウェストファール) / Christian Westphal(クリスチャン ウェストファール)※デンマーク
Figaros Bryllup(フィガロス ボイラップ) / Malene Juhl Jørgensen(マリーヌ ユール ヨーゲンソン)※デンマーク
Jane Kønig(ジェーン コーニッグ) / Jane Kønig(ジェーン コーニッグ)※デンマーク
Margit Brandt(マルギット ブランド)Margit Brandt / Julie Brandt(マルギット ブランド / ジュリー ブランド)※デンマーク
Noir / Bllack Noir(ノワール / ブラック ノワール) / Peter Ingwersen(ピーター イングワーセン)※デンマーク
Peter Jensen(ピーター イェンセン) / Peter Jensen(ピーター イェンセン)※デンマーク
Toklum(トクルム) / Cecilie Toklum(セシリエ トクルム)※デンマーク
YDE(イゥデ) / Ole Yde(オーレ イゥデ)※デンマーク
DRESS 33(ドレス サーティースリー) / 岩谷 俊和(イワヤ トシカズ)
Edwina HÖrl(エドウィナ ホール) / Edwina Hörl(エドウィナ ホール)※オーストリア
everlasting sprout(エヴァーラスティング スプラウト) / 村松 啓市(ムラマツ ケイイチ)
fabrics interseason / Wally / Salner / Johannes Schweiger(ヴァリー サルナー /ヨハネス シュヴァイガー)※オーストリア
FUMIO(フミオ) / 秋山 二実男(アキヤマ フミオ)
fur fur(ファー ファー) / 古橋 彩(フルハシ アヤ)
GalaabenD(ガラアーベント) / 大川原 美樹(オオカワラ ミキ)
GANGLION(ガングリオン) / 吉﨑 結一(ヨシザキ ユウイチ)
garçonshinois(ギャルソンシノワ) / shin(シン)
GUT'S DYNAMITE CABARETS(ガッツ ダイナマイト キャバレーズ) / CABARET AKI / JACKAL KUZU(キャバレー アキ / ジャッカル クズ)
G.V.G.V.(ジーヴィジーヴィ) / MUG(マグ)
HEATH(ヒース) / 野田 源太郎(ノダ ゲンタロウ)
Hidenobu Yasui(ヒデノブ ヤスイ) / 保井 秀信(ヤスイ ヒデノブ)
HIROMI YOSHIDA(ヒロミ ヨシダ) / 吉田 ヒロミ(ヨシダ ヒロミ)
翡翠(ヒスイ) / 伊藤 弘子(イトウ ヒロコ)
KOSHAS(コーシャ) / 伊藤 弘子(イトウ ヒロコ)
"house of the very island's royal club division middlesex klassenkampf
but the question is where are you , now ? (" ハウス オブ ザ ベリー アイスランズ ロイヤル
クラブ ディビジョン ミドルセックス クラッセンカウフ バット ザ クエスチョン イズ ホエアアー ユウ ナウ ?) / "Karin
Krapfenbauer / Markus Hausleitner"(カリン クラップフュンバウアー / マークス
ハウスライトナー)※オーストリア
pelican avenue(ペリカン アヴェニュー) / CAROLIN LERCH(カロリン レアヒ)
@IZREEL(アット イズリール) / 高倉 一浩(タカクラ カズヒロ)
jazzkatze(ジャズカッツェ) / 周布 歩美(スフ アユミ)
JUN ASHIDA(ジュン アシダ) / 芦田 淳 アシダ ジュン
JUNYA TASHIRO(ジュンヤ タシロ) / 田代 淳也(タシロ ジュンヤ)
KAMISHIMA CHINAMI(カミシマ チナミ) / カミシマ チナミ
LITHIUM HOMME(リチウム オム) / 平松 剛(ヒラマツ タケシ)
LITHIUM FEMME(リチウム ファム) / 平松 剛(ヒラマツ タケシ)
matohu(マトフ) / 堀畑 裕之 / 関口 真希子(ホリハタ ヒロユキ / セキグチ マキコ)
mifrél(ミフレル) / トモアキ リュウ / ウェイウェイ
MIKIO SAKABE(ミキオ サカベ) / 坂部 三樹郎 / シュエ ジェンファン(サカベ ミキオ / シュエ ジェンファン)
mintdesigns(ミントデザインズ) / 勝井 北斗 / 八木 奈央(カツイ ホクト / ヤギ ナオ)
MISS ASHIDA(ミス アシダ) / 芦田 多恵(アシダ タエ)
motonari ono(モトナリ オノ) / 小野 原誠(オノ モトナリ)
ODRADEK(オドラデック) / 狩野 せりか(カノウ セリカ)
PHIBERY(フィベリー) / ri-ly / mo-ko(リリー / モコ)
SACHIO KAWASAKI(サチオ カワサキ) / 川崎 祥央(カワサキ サチオ)
SHIDA TATSUYA(シダ タツヤ) / 信太 達哉(シダ タツヤ)
SOMARTA(ソマルタ) / 廣川 玉枝(ヒロカワ タマエ)
suzuki takayuki(スズキ タカユキ) / スズキタカユキ
TAKUMI HAYAKEYAMA(タクミ ハタケヤマ) / 畠山 巧(ハタケヤマ タクミ)
The Dress & Co. HIDEAKI SAKAGUCHI(ザ ドレス アンド コー ヒデアキサカグチ) / 坂口 英明(サカグチ ヒデアキ)
THEATRE PRODUCTS(シアタープロダクツ) / 武内 昭 / 中西 妙佳(タケウチ アキラ/ ナカニシ タユカ)
TIMIREL(ティミレル) / Elvira Timir(エリヴィラ ティミール)※ロシア
tiny dinosaur(タイニーダイナソー) / 山本 尚美(ヤマモト ナオミ
TROVE(トローヴ) / 上出 大輔(カミデ ダイスケ)
writtenafterwards(リトゥンアフターワーズ) / 山縣 良和(ヤマガタ ヨシカズ)
written by yoshikazu yamagata(リトゥン バイ ヨシカズ ヤマガタ) / 山縣 良和(ヤマガタ ヨシカズ)
Yasuyuki Ishii(ヤスユキ イシイ) / 石井 康之(イシイ ヤスユキ)
YUKI TORII INTERNATIONAL(ユキ トリイ インターナショナル) / 鳥居 ユキ(トリイ ユキ)
Yukiko Hanai(ユキコ ハナイ) / 花井 幸子(ハナイ ユキコ)
YUMA KOSHINO(ユマ コシノ) / 小篠 ゆま(コシノ ユマ)
zechia(ゼチア) / LICA / NAKA(リカ / ナカ)


[ http://tiurf.com ]
[ https://store.tiurf.jp ]

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加