メルマガバックナンバーvol257 ★45%OFFサマーSALE最終価格!!スタート★

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事は、メルマガのバックナンバーです。

このメルマガを購読ご希望の場合には、

https://store.tiurf.jp/user_data/newsletter_signup.php

から購読いただけます。

 

以下バックナンバー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

[ TIURF NEWS ]VOL.257 ///////////////
https://store.tiurf.jp

セレクトショップTIURF(チューフ)
〒370-0053 群馬県高崎市通町18
027-384-3713


ーーーーーーーーーーーーーー

\:/★45%OFFサマーSALE最終価格!!スタート★\:/

最大80%OFF

▼TIURFの最終価格セール特設ページ
https://store.tiurf.jp/user_data/fair/2013SS/summer_sale.html

ーーーーーーーーーーーーーー

この記事の続きを読む >>

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

KOLOR(カラー)13AWのオーダー提出完了。。覚えているうちにパリコレ各LOOKの解説をしておく

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

KOLOR 2013-14 AW Paris Collection

Show Look
and Showroom  Impressions.

 

 

ココ数週間、2013-14秋冬の展示会発注のために、毎日何時間も、カンヅメでパソコンと画像と絵型ににらめっこ。

先日、やーっと、KOLORのオーダー提出が終わったところ。

これから春夏!というタイミングで、順番が逆になっちゃいましたが、
パリでのkolor 2013-14AW(秋冬) パリコレの写真で、特に印象が深かったアイテムをちらっと載せておきますね。

いまなら、各アイテム、各LOOKについて、素材も質感もサイズ感も全部クリアに頭の中に整理されていますので、
商品についてめちゃめちゃ詳しいです。
お問い合わせは、ショップまでお気軽にドウゾ。

 

KOLOR13AWLOOK-TIURFKOLOR13AWLOOK-TIURF

ツートン多し。エリの裏にもチラッと。

KOLOR13AWLOOK-TIURF

このセットアップは、後半で色違いグレーをショーで使ってますが、
ネイビーの方はブリーチで。グレーの方は染色で色がジャケットとパンツに入っています。
加工の名前は『吊るしブリーチ』といいます。

で、このシリーズは、ジャケットがネイビーでパンツがグレーといったふうに、
上下違う色でもとちらでもセットアップになり、かっこ良いです。

この記事の続きを読む >>

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

KOLORのデザイナー阿部さんに教えてもらった「ナイロンフィラメント」の素材の作り方から、服の奥深さを考えてみる

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

さきほど、2ヶ月弱ぶりの久々にこのブログを更新してみた。

http://tiurf.com/blog/2013/02/17/blog-restart/

続けてすぐにもう一つ記事を書こうとしたところで、MACBOOK PROの電源落ち。

外付けHDに入れた画像のライブラリデータがクラッシュ。復旧に15分。
データの中には、展示会で撮った品番データもあるから、これがないと発注作業もできない。。

というようなことを、またいつものようにFacebookに書こうとしていて、
おっと、イカンイカン、こういうことを、今日からはFacebookではなく、ブログに書くのだ。

とゆわけで、 画像データが復旧するまで、今回は文字だけで書いてみる。

 


KOLORと08sircusの発注なう。

 

今日は日曜ですので、この時間は本来はお店の店頭に立ち、接客をすべきなのだけれど、
先週あった展示会の発注作業が終わらないので、これを今某カフェにて作業してます。

その発注作業とは、先週東京であったKOLOR08SIRCUSという、TIURFの2大メインブランドの発注。

シーズンは、2013-2014秋冬である。

 

KOLORは、

1月にパリにてパリコレのショーも観てきているんだけど、実際の商品に触れるのは東京にきて初めて。

パリでのショーでは、縦に色が切り替えしされたニットジャケットダウンベストが気になっていて、
これの価格や素材感のチェック、あとショーで使っていないピースのチェックなどをまずは重視してみる。

実際みてみても、13秋冬KOLORは、やっぱりダウンが良かった。あと、様々な縮絨加工してある新素材のバリエーション。

 

展示会では生産スタッフを見かけたら、
つかまえていろいろ教えてもらう

僕の場合、展示会では、特にKOLORの展示会では、

質問する場合はなるべく営業さんではなくて、「生産」に近いスタッフに質問をするようにしている。
そしていろいろ教えてもらう。

営業さんがダメってわけでは決してないんだけれど、
KOLORくらい、凝った作り込みをしているブランドになると、ぼくらバイヤーでも観ただけではわからないような様々な工夫や苦労をしていて、やはりそういう見ただけではわかない話は、生産現場でアレコレと悩みながら作っている生産スタッフだけがしっている部分。

これを聞き出すことに成功すれば、お店の品揃えにちょっとした変化が起こる。

たとえば他の地方ショップや、都内の大型店であってもあまり発注しないようなレアなアイテムで、おそらく実際に発注してもそんなに売れないと思われる「売れ筋ではない商品」があるとする。
でも、じつはそれが、作り手からしてみるとものすごい苦労して作ったアイテムで、思い入れもあって、、、というケースが 多々ある。

 

TIURFのお店は、せっかく【コレクションブランド】を扱っている以上、
そうした「売れ筋ではないアイテム」も、理由がちゃんとしてれば売れないと分かっていてもオーダーしたい、という方針だ。

まー、ほとんどのブランドの場合、

見た目でいい商品=売れる商品=ブランドも力をいれている商品

として一致するんだけど、

KOLORのような「技術」や「経験」を持っているブランドになると、
それが一致してないこともたまにあるのだ。

 

ナイロンフィラメント素材の例 

たとえば2013春夏のKOLORでいうと、

ナイロンフィラメントの素材シリーズ と、 カラミの素材シリーズ がそうした「作り手側」のこだわり アイテムである。

この2素材については、展示会場でデザイナー阿部さんから直接聞いたもので、
「今季、一番気に入ってる素材はどれですか??」と質問したときに教えてもらった3つの素材のうちの2素材だ。

ナイロンフィラメントのシリーズは、正直なところ、展示会で見ただけでは僕はピンときてなくて、
というか、(これは無いな)というくらい、ほとんど切り捨てて見ていた。

素材がまず、ものっすごく固いし、ゴワゴワしてるし、いま「柔らかくて着やすい」服がトレンドになっているなかで逆走している。
他に着やすくて使いやすい服がたくさんある中で、展示会でもこの素材だけは目に入らなかった。

しかし、デザイナーさんは、この堅くてゴワゴワした『ナイロンフィラメント素材』が気に入ってるという。

ぼくは「ギョッ」として、理由を聞いてみたら、納得できた。

 

理由はこうだ。

繊維素材というのは、大きく分けて2つある。
長繊維(スパンデックス)と短繊維(フィラメント)だ。

短繊維(フィラメント)とは

たとえば綿はもともと綿花から出来る綿(ワタ)を紡いで糸にする。ウールも、短い毛の繊維を紡いで1本の糸にする。
こうして、短い繊維の集まりでできた糸を、短繊維(フィラメント)という。

長繊維(スパンデックス)とは

逆に、ナイロン、ポリエステルといった化学繊維や、蚕(かいこ)が口から吐き出す絹糸は、はじめから1本の糸のようになっていて、繊維が長い。
こうして、長い繊維の集まりでできた糸を、長繊維(スパンデックス)という。
釣りで使うときのナイロンの釣り糸のようなものを想像してもらうと分かりやすいかもしれない。

 

短繊維(フィラメント)の特徴は、
細かい繊維の集まりなので、手触りに「ザラッ」とした触感が出る
ケバダチがある
光沢がなくマットな質感になる
風や湿気を通す
洗ったときに縮みや歪みが出やすい
といった特徴があるので、風通しが良く肌触りがよいので、主に夏向きの素材 に使われたりする。

長繊維(フィラメント)の特徴は、
さらりとした手触り
ケバダチがない
光沢が出やすいので高級感が出る
風や湿気を通しにくい
洗っても型崩れしにくい
といったような特徴があるので、主に高級衣料や、スポーツ素材、冬向きの素材として使われたりする。

で、ここからが本題だけど、

ナイロンは、石油からできる化学繊維なので、
普通は長繊維 (スパンデックス)で作るのが常識なんだけど、

KOLORの阿部さんは、このナイロンの原料を使って、はじめに短いファイバー状の繊維をつくり、
(シロップをかける前のかき氷のようなものを想像してもらうと分かりやすい)
それを、通常のウールやコットンのように紡いで紡毛にした。
つまり、ナイロンなのに短繊維(フィラメント)として糸を作った。

実際に生地にするときには、さらにこれに圧力や熱を加えて、ガンガンに圧縮をさせ、
フィラメントが圧縮しやすいという特徴を使って、ナイロンの圧縮素材を作った。

(*通常ナイロンのスパンデックスは通常縮みにくく型崩れしないが、逆に縮絨加工させようと思うと大変難しい)

このようにしてできた素材なので、

KOLORのナイロンフィラメントのシリーズは、 ちょっと異質なくらいゴワゴワと固い素材に仕上がった。

固いので、ジャケットは肩の後ろのにミリタリーのディテールとして、アクションプリーツがついて、動きやすくしてある。
このあたりは、パターンナーさんの工夫だろう。

そして、ナイロンをフィラメントで作ることで、
「ナイロン独特のツヤ」を抑えた「マットな見た目」になり、春夏でも涼しそうな表情になる。
また、ナイロンなのに吸湿性があるといった効果がある。
ナイロンなのでシワや型崩れもなく、風の強い日には防風効果があり、
風の強い春から湿気のある夏まで、日本の春夏にガンガン着られる素材なのだ。

 

伝えるべきこと

『 こうした素材をつくろうというアイデアが浮かぶデザイナーさんもスゴイが、
普通はしないナイロンフィラメント糸を作ることを可能とし、それを生地に織り上げ、それを縮絨加工するという、
たいへん難しい技術をつかっているが、これを作れる【日本の工場の技術】も、とってもスゴイのである。』

というようなことを、

お店でもお客さんに語って伝えていかねばならない。

KOLORやそれを支える日本の工場技術がなぜ世界でも高い評価を得ているのか、
こういうアイテムを実際に手にとってみてもらわないと、その理由も伝わらないだろう。

これは雑誌にも載らない情報だし、 説明を受けないとわからない部分。
しかしこうしたアイテムが1つ店頭にあれば、
ブランドの姿勢や背景をたくさん説明でき、実感してもらえるはず。
そこを語りたいので、TIURFとしてはこういうアイテムこそ発注する。

リンク先を見てもらうとわかるとおり、TIURFとしてはこの素材はコートもジャケットもブルゾンも全色オーダーしちゃう。

ナイロンフィラメントの素材シリーズ と、 カラミの素材シリーズ )


また、KOLOR2013-14秋冬でいうと、

いくつかある圧縮素材のシリーズがそうしたコダワリアイテムで。
これは今まさにオーダー中なので、 オーダーが完了次第ここに書きますね。

 

一致するトレンド

いまコレ書きながら思いましたが、

1314秋冬の08SIRCUSも、
デザイナーさんのイチオシアイテムは、
いままでにみたこともないような大変面白い【圧縮加工】の素材でした。

圧縮、ゴワゴワ、固い、

というのは、このクラスのデザイナーさんたちのマイブームなのかもしれないですね。

 

と、久々に長文を書いてしまいました。

外付けHDの画像フォルダも復旧したので、発注作業に戻ります。

ではまた。

 

 

TIURF > KOLOR

 

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

DRIES VAN NOTEN 2012AW元ネタのフランク・ザッパについての考察

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

MAKING OF 2012 AW GUIDE BOOK .

2012秋冬のガイドブック作成中。

秋冬のカタログ。

いよいよ本腰を入れて、スタッフSと一緒に夜な夜な作っております。

昨日は、表表紙と裏表紙が完成(やっとかよ)。

で、いまは中味にとりかかっておりまして、【バイヤーのコレクション日記】というページにとりかかっています。

このページの中では、ドリスヴァンノッテンや、クリスといった、ミラノやパリで観てきたショーを、バイヤー視点でご案内しようかという企画のページなのですが、本腰を入れ始めて、文字を実際に書き始めますと、頭の中にごっちゃごちゃになっているたくさんの情報を、短く分かりやすくコトバにし伝える必要があり、そのコトバにする作業が、大変難しい。

で、ドリスヴァンノッテンについて、そよそよと調べ始めましたら、

僕は1999年秋冬コレクションからドリスヴァンノッテンの仕入れに携わっており、

当時は日本のライカさんからの仕入れでしたが、
その後、いろいろあって、パリに初めて行ったのが2002年秋冬コレクションから。

数えてみますと、2002年秋冬から最新の2013春夏まで、毎回欠かさずにパリコレを見続けてきて、今回で22回目でありました。

もうすっかりベテランバイヤーの域かもしれません。あまり自覚はありませんでしたが。

で、2002年秋冬から、今つくっている2012秋冬のカタログまでざっと復習しながら思ったのは、
やっぱりぼくにとって、そしてTIURFにとって、最も長く扱っていて、ベースになるのはやはり基本はドリスヴァンノッテンであって、
【バイヤーのコレクション日記】を書くに当たっては、やはりドリスをしっかり復習しなくちゃならんな、

というわけで、2012秋冬を調べ始め、、、そして今日も一日が終わろうとしています。

こんなペースでカタログ作っているんで、ぜんぜん終わりそうにないんですが、
今週末で、きっちり終りにしたいつもりです。

【DRIES VAN NOTEN 2012AW ショー会場での写真】 PHOTO BY TIURF

DRIESVANNOTEN2012AW1

DRIESVANNOTEN2012AW2

Frank ZappaとDRIES VAN NOTEN

この記事の続きを読む >>

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

【メルマガバックナンバー】[ TIURF NEWS ]VOL.234 秋物、秋ビール、秋カバン。

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [ TIURF NEWS ]VOL.234

https://store.tiurf.jp

こんばんは。TIURFのホリゴメです。

すっかり秋らしい空気になってきましたね。

今週は、ぶどう狩りに出かけたり、掛け布団を出したりしました。
そして、秋系のビールが、美味かったりもしますね。

この記事の続きを読む >>

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

久々の「本日の顧客フォト」はクリスヴァンアッシュのはかまパンツとロングジップコート

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

TODAY’ S CUSTOMER’S PHOTOS
KRISVANASSCHE 2012-13AW

Sudakunwearringkva4 1

sudakunwearringkva1

sudakunwearringkva1

 

本日の顧客フォトは、 クリスヴァンアッシュ   の【袴パンツ】を履いた、SUDAっち様。

パンツがめっちゃカッコイイです。

HAKAMA PANTS

袴パンツは、
今季クリスのキーボトム。
品番上は【ワイドクロップドパンツ】ですが、つまり、袴丈パンツです。

スーパーワイドシルエットのパンツを、足首くらいの丈でクロップドにしてあります。
シンプルに作ってあるのですが、パンツのサイドラインが無く、1枚の大きな布で片足全部を作り、股の下で立体裁断で縫合されています。つまり、右足、左足、股下の3枚の布で出来ています。横から見ると、布の接ぎ(はぎ)が無いのが分かると思います。

袴丈のパンツは、実は、日本人にとっては、【着物の着流しバランス 】なので、
実は日本には古来からある馴染みのあるシルエット
履くと、思いの外に似合うので、履かれた方はみなビックリされます。

 

kva2012aw-hakamapants

R0020820

クリスのはかまパンツBYTIURF

横に、接ぎ(はぎ)のないはかまパンツ。

 

袴パンツ:KRISVANASSCHE 2012-13AW
品番:122 PA 324

https://store.tiurf.jp/products/list.php?&name=122%20PA324

 

ジャケット:KRISVANASSCHE 2012-13AW
品番:122 JA622

*クリスのその他の今季ジャケットはコチラ

https://store.tiurf.jp/products/list.php?&name=122%20JA%20KRIS

*シューズ、インナーは私物

 

Variation of coordination

Hakama Pants with Long ZIP Coat

はかまパンツのバリエーション

はかまパンツのコーディネートのバリエーション。

beltedcoat co662 kv03krisvanassche co662 kv03 999krisvanassche-beltedcoat2

 

クリスヴァンアッシュの今期秋冬ロングジップコート。
品番は122 CO662 KV03 999

122CO662の商品ページはコチラ。)

 

 

TIURFでは、このロングジップコートで2素材で入荷し、
ひとつは、モデル着用のこの素材のウールカシミア素材(kv03 999)。

ウールカシミア素材(KV03 )では、今季TIURFでは6アイテム入荷します。

 

*クリスヴァンアッシュのKV03素材のバリエーションはコチラ
https://store.tiurf.jp/products/list.php?&name=kv03%202012-13

 

なお、CO662のコートは、サイドにウエストベルトを収納してあります。
ショーではベルトをウエストに巻いて使っています。

 

ではでは!

 

続きます!

番頭日記 > カテゴリ > 2012-13AW

http://tiurf.com/blog/category/autumn-winter-fashion/2012-13aw/

番頭日記 > カテゴリ > KRISVANASSCHE

http://tiurf.com/blog/category/krisvanassche/

 

TIURF

https://store.tiurf.jp

TIURF > KRISVANASSCHE 商品一覧 

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

KRISVANASSCCHE 2012-13AW パリコレ会場。ショー直前の様子。

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

Krisvanassche2012aw show

BEFORE THE SHOW

KRISVANASSCHE 2012-13AW

PARIS MEN’S COLLECTION

 

本日入荷になったクリスヴァンアッシュの2012秋冬。
まだ当ブログでは、ぜんぜん情報をアップしていなかったので、
これから急ピッチで、こまめにアップしていきたいと思います。

まずは、クリスヴァンアッシュの12AWショー会場の風景から。

 

2012年1月20日、パリ。

2012-2013年パリコレ会場の風景。

クリスってブランドは、日本国内ではプレスがちょっと弱いし、
話題性先行のブランドではないので、
雑誌での取り扱われ方が(実力の割に)小さいのですが、
実際の会場では、ほんとにプレミアチケットであって、
世界中からオシャレな業界関係者が招待され、熱気も人気もスゴイです。

会場はいつも満席、パンパンに招待客で盛り上がってます。

 

その、クリスヴァンアッシュの12AWショー会場の前の様子。

ちなみに場所は、セーヌ川の左岸、ボザール 。

プロカメラマンが、次々に訪れる招待客のスナップショットを撮るのに、忙しく動いてます。

 

in front of KVA12aw show paris

in front of KVA12aw show paris

in front of KVA12aw show paris

in front of KVA12aw show paris

上の迷彩ブルゾンの方は、THE SARTORIALISTで有名なスコットシューマンさん。
ブログのサルトリアリストは、マジカッコイイので、僕もたまにチェックしますし、写真の撮り方の勉強にもなります。

 

in front of KRISVANASSCHE PARIS SHOW 12AW

雑誌FASHIONNewsでもお馴染みのお二人。まーくんこと村瀬昌広さんはいい人!

 

in front of KRISVANASSCHE paris show 12awin front of KRISVANASSCHE paris show 12awin front of KRISVANASSCHE paris show 12awin front of KRISVANASSCHE paris show 12aw

 

会場内に乗り込みます。

ずらりと、業界人が居並びます。立見席までパンパンに満席。

 

KVA2012 SHOW PARIS 2KVA2012 SHOWPARIS3

 

そして、ショースタート。

ファーストルックは、ブラウンからでした。

 

Kva2012aw look1

 

続く。。

 

 

 

番頭日記 > カテゴリ > 2012-13AW

http://tiurf.com/blog/category/autumn-winter-fashion/2012-13aw/

 

番頭日記 > カテゴリ > KRISVANASSCHE

http://tiurf.com/blog/category/krisvanassche/

 

 

 

TIURF

https://store.tiurf.jp

 

TIURF > KRISVANASSCHE 商品一覧 

 

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

TODAY’S CUSTOMER PHOTO- KOLOR COAT 11WCM-C04103 強撚ウールキャパリーツイルコート A:グリーン

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

KOLOR
COAT FOR THIS WINTER

11WCM-C04103
強撚ウールキャパリーツイルコート A:グリーン

KOLORとヴィンテージのドリス・ヴァン・ノッテン

本日の顧客さんは、TIURF常連のKUBOキュン。

いつもめっちゃナイスガイです。

自前の、ヴィンテージのドリス・ヴァン・ノッテンのチェックシャツ、ニットベストと、
新作のKOLORのグリーンのセミロングコート をコーディネートしてくれました。

COAT:  KOLOR 2011秋冬11WCM-C04103 強撚ウールキャパリーツイルコート A:グリーン

IMG_4716.jpg

この記事の続きを読む >>

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

Today’s Customer Photo – JOYRICH

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

JOYRICH

本日の顧客フォトは、JOYRICHを着こなしのお客様!

JOYRICH_CUSTOM1.jpg

ジョイリッチというブランドは、
ドハデにも着こなしできるし、シンプルなカジュアルとしても着こなしできる、便利なストリートウエアとして人気!ですが、

こちらのお客様は、見事に「前者」の方ですよね。

この日は、JOYRICHの金のロゴバッジを お買い上げしてくださいました。

この記事の続きを読む >>

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

知らないと損する!最大10%ついちゃうTIURF(チューフ)のポイントシステムについて (2011年 4/26更新)

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

https://store.tiurf.jp
こんにちは。TIURFのホリゴメです。
TIURFでは、

通販でポイントシステム

を導入しておりますが、
ポイントについて本日お客様からご質問をいただき、
ちゃんとポイントシステムを説明しているページがいままでなかったので、
「知らないと損する!最大10%ついちゃうTIURF(チューフ)のポイントシステムについて」として、
ここにまとめることにしました。
特に、これから2011春夏 2011-2012秋冬先行予約では、ポイントが大変お得になっているので、
ぜひ一度ご確認ください。
*店頭でお買い物の場合、メルマガ購読をしていただければ、その場で5%引きとなります。
*ポイントをゲットするためには、《 会員登録 》が必要です。
↓↓
==============================

★TIURFのポイントシステムについて

==============================
TIURFでは、最初に会員登録をするだけで、
初回会員登録特典として、2100ポイントをプレンゼント
しております。
この2100Pポイントは、1P=1円として利用でき、
初回のお買い物からスグにご利用いただけます。

さらに、初回ポイントに加えて、
TIURFでお買い物されますと、お買い物ごとに毎回ポイントが加算されます。
ご購入時に加算されるポイントは、お買い物が完了しますと自動的に加算され、
その次のお買い物からご利用いただけます。
==============================

★ポイントの算出方法

==============================
ポイントの金額は、税抜お買い物金額に対して、%で決まります。
通常は、全商品のポイントは5%です。
たとえば、税込52500円の商品の場合、2500Pがポイントでつきます。
(消費税分と考えると分かりやすいかもしれません)
その他、
10%:ご予約受付中商品(先行予約)、一部オススメ商品
5%:通常商品
3%:通常セール商品
となります。
==============================
☆例:
==============================
たとえば、初回に税込52500円(ポイント5%)の通常商品購入し、
初回会員登録ポイント2100Pを使った場合、
商品 52500円
ポイント値引き2100円
————————————
50400円
ポイント加算2400P
となり、お支払い金額は50400円、
次回ご利用可能のポイントは2400Pとなります。
このポイントは、次回のお買い物で2400P(2400円引き)としてご利用でき、
そのお買い物でもさらにポイントがつきます。
このように、TIURFは通販のポイント値引き率が非常に高いので、
2度3度と継続的にご利用されると、大変お得なしくみとなっております。
ポイントは、各商品ごとに異なり、また販売時期によっても変ることがございますので
予めご了承ください。
==============================

★ポイントを確認する

==============================
いま使えるポイントは、ログインすると確認できます
→コチラです。https://store.tiurf.jp/mypage/login.php
==============================

カートがついていないブランドの場合
(ドリスヴァンノッテン、カラー、コーネリアンタウラスなど)

==============================
ドリスヴァンノッテン、カラー、コーネリアンタウラス、など、
一部のブランドでは、メーカーの意向によりショッピングカートが付いておりません。
この場合、ポイントのご利用、ポイントの加算はお店側の手動となりますので、
ポイントをご利用したい場合には、「◯◯ポイント使って購入希望」とお書き添えください
その他ご不明な点がございましたら、お気軽におたずねください。
よろしくお願い致します。
https://store.tiurf.jp
:::例:::
$TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ポイントの例:


10秋冬yoshio kuboニットジップアウター_COWCHAN SWEATERBROWN

↑赤い字で「ポイント」と書いてあるのが、今回ご説明する「ポイントシステム」です。
このヨシオクボのニットアウターの場合、
10%分の3800ポイントがつきます。
ご購入金額は、税込の39900円です。
3800Pは、次回お買い物時にご利用できます。
ポイントは、貯めて一気に使うこともできます。
ポイントは、基本的に永久不滅ポイントです。
TIURFの2007年当初の旧サイトからは、ポイントは引き継げません。
その他ご不明な点がございましたら、
TIURFまでお気軽におたずねください!

 

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加