VOGUE HOMME JAPAN 君よ、楽園へ帰れ。第4号、3月10日発売

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-vogue homme 第4月 2010
VOGUE HOMMES JAPAN 第4号(3/10発売号)
毎回気になるハイセンスな紙面構成と、
独自の切り口でファッションのすばらしさを教えてくれる雑紙、
VOGUE HOMME JAPAN(ヴォーグオムジャパン)。
まだアマゾンコムでは予約できないみたいですね。
なかなか地方の本屋では手に入りにくい雑紙なので、早めにチェックしましょうね。
VOGUE HOMMES JAPANは、ブログやtwitterもやってるので、
これもチェックしてみてくださいね。
ちなみにTIURFのtwitterは
http://twitter.com/tiurf
携帯からは
http://twtr.jp/user/tiurf
から、TIURFのツイッターを読むことができますよ。
ところで、Twitter(ツイッター) は、
日本では30代、40代を中心に普及していて、
20代、30代ではまだあんまり普及していないんだそうですね。
というデータを元を読んだので、なるほどなー、確かになーと思い当たる節あり。
ここ半年くらいTIURFでは、ツイッター中心に更新をしておりましたが、
ブログももうちょっと力を入れていきたいと思います。
これからも、
TIURFのブログ(番頭日記)とTWITTERの両方をよろしくお願いいたします。
<(_ _)>

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

お知らせ

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

いつもTIURF(チューフ)のブログ番頭日記をごらん頂きありがとうございます。
昨日夜から、
アメブロとフリープラグインの不具合の関係で、
ブログ閲覧が一時的に出来なくなっておりました。
楽しみにしていた方には、大変ご迷惑をおかけしました。
ただいま、不具合のあったプラグインの原因が判明しましたので、
とりいそぎプラグインを削除することにより、通常通り閲覧できるようにありました。
これから、TIURF(チューフ)のブログ番頭日記をよろしくお願いします。
http://store.tiurf.jp

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

太文字系ブランドの発注中

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

僕らは、DMもWebサイトも自分たちで作っているので、
パソコン上や印刷物の上の文字の形(これをフォントという)については、多少の知識があります。
文字をよくみると、
大きく分けると二種類あって、
文字にカギのような節があって、筆で書いたような文字の形(明朝体系)と、
節が無く、字の太さが均一の文字(ゴシック体系)とに大別できます。
いま、ちょうど 08siucus と kolor の発注をしながら思ったのですが、

photo:01

これ、来季の発注書の表紙なんですけど、
どちらのブランドも、
ゴシック調文字(ARIAL black というフォントだそうです)なんですよね。
そういえば、ちょっと古いブランドとかってみんな明朝体系だな?とか気づいて、
まー、こういうのは、気分やイメージの好みとかなんですけど、
ブランドのロゴに使われているフォントひとつとっても、流行があるんだなーなんて思つたり。
これから流行りそうな、またはいまブレイクしているブランドって、どんなロゴのフォント使ってるかみていくと面白いかもですね。
この二つのブランドは、日本発のブランドとして確固たる地位を気づいているブランドですが、
経歴やテイストにもいろいろ共通点があります。
どちらもオトナ向けの、次世代ブランドであること。
カラーは完全にストレスフリーですけど、ゼロハチサーカスの方は、少しカラーに似てるけど、素材の使い方がもう少しカラーよりも硬く丈夫な質感を好むとか。
とゆわけで、独断と偏見で、
これからこの二つのブランドを、
新しくカテゴリしまして、
【太文字系ブランド】
と名付けることにします。
ここに、あとどんなブランドがこのカテゴリに入ってくるの?かは、
実はまだ考えてないのですが笑、
取り合えずこの二つは、同じカテゴリに入れたいと思います。
まー異論はあると思いますが。。
ではでは。
iPhoneからの投稿

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

yoshio kubo 雑誌掲載リスト2月分

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

yoshio kubo
Press Release in Feb.

TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-yoshio kubo 雑誌掲載リスト通販用
こんにちは。TIURFのホリゴメです。
ヨシオクボアンデコレーテッドマン
手がける グランドフロアーさん より、プレスリリースが届きましたので、ご紹介します。
2月(3月号、4月号)の雑誌掲載リストです。
ショップに遊びに来る前や、通販などで、ぜひ活用下さいね。
▼ヨシオクボの2010春夏展示会の様子
TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-yoshio kubo 雑誌掲載リスト通販用
▼Tシャツ disorder intelligence シリーズ
TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-yoshio kubo 雑誌掲載リスト通販用

yoshio kubo
Men’s non-no
メンズノンノ 3月号(2/10発売)
バッグ特集
モデル101910 color グレイ ボーダーのストライプ柄、マスターピースとのコラボリュック
モデル名 : GRADATION BORDER DAYPACK
PRICE ¥27825円
通販 グレイ+ブラック / ブルー+ブラック の2色展開

TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-yoshio kubo 雑誌掲載リスト通販用TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-yoshio kubo 雑誌掲載リスト通販用

上のリュックが、メンズノンノ3月号に掲載のデイパックです。
表素材は、今回コレクションで使われていたシャツアウターなどにも使われている
ヨシオクボのオリジナル素材。
作りは、頑丈な機能的バッグメーカーとして定評のあるマスターピースが手がけています。
内側には、ゴム引きになっているので、少々の雨なら中まで浸透してくることがありません。
色違いで、「ブルーとブラックのストライプ柄」もあります。

TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-yoshio kubo 雑誌掲載リスト通販用

▲色違いの、ブルー×ブラックグラデーションのタイプも入荷してます。
★その他の雑誌掲載商品リスト★
Men’s non-no
メンズノンノ 3月剛(2/10発売)
インナー特集
モデル101105 colorグレイ
モデル名: V-NECK T-SHIRTS "FEATHER

"羽のプリント
PRICE: ¥8925円
通販:SOLD OUT ショップまでお問い合わせ下さい。
Men’s non-no
メンズノンノ 3月剛(2/10発売)
インナー特集
モデル101403 colorブラック
モデル名: DOUBLE WAIST BAND PANTS
PRICE: ¥26250円
通販:ショップまでお問い合わせ下さい。
Men’s non-no
メンズノンノ 3月剛(2/10発売)
50人のKEEP服特集
モデル101212 colorホワイト
モデル名: ARMYCOVERD SHIRTS
PRICE: ¥26250円
通販:ショップまでお問い合わせ下さい。
SENSE
センス 3月号(2/10発売)
デニム&レザー特集
モデル 101511 color ブラック
モデル名: ELBOW PLEATS LEATHER JK
PRICE ¥102900円
通販: ショップまでお問い合わせ下さい。
POPYE
ポパイ 3月号(2/10発売)
パンツ特集
モデル 101421 color gray
SWEAT PANTS"CROSS PRINT" ¥18900円
通販: ショップまでお問い合わせ下さい。
POPYE
ポパイ 3月号(2/10発売)
パンツ特集
モデル 101206 BLUE-BLACK
GRADATION BORDER LONG SLEEVE SHIRTS
通販: ショップまでお問い合わせ下さい。
POPYE
ポパイ 3月号(2/10発売)
パンツ特集
モデル 101908 COLOR GRAY
HI-CUT MESH SNEAKER
PRICE 28350円
通販: ショップまでお問い合わせ下さい。
Men’s FUDGE
メンズファッジ 4月号(2/24発売)
「セットアップ特集」
モデル101705 GRAY
SHOTGUN JACKET
61950円
通販: ショップまでお問い合わせ下さい。
Men’s FUDGE
メンズファッジ 4月号(2/24発売)
完売春アウター
モデル 101204 BLACK
MAP JACQURD L/S SHIRTS
29400円
通販: ショップまでお問い合わせ下さい。
Men’s FUDGE
メンズファッジ 4月号(2/24発売)
4大定番アウター
101515-A BLACK
WASHED DENIM SHORT BLOUSON
¥35700
通販: ショップまでお問い合わせ下さい。
==
こうして雑誌掲載リストみてみると、
珍しく(?)うちのお店で発注した商品があんまり載ってない!
発注、外したか???

と思ったのですが、よく発注内容を確認したら、
たとえば掲載商品のシャツの、
その素材のハーフパンツだったがちゃんと入荷してました。
このへんは、もう少しあとの号に載るのかな??
ちなみに、雑誌には今月は載ってない、
当店のオススメヨシオクボはこんな感じ!

TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-yoshio kubo 雑誌掲載リスト通販用TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-yoshio kubo 雑誌掲載リスト通販用

背中がクロスになったベスト。

TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-yoshio kubo 雑誌掲載リスト通販用

▼東京コレクション

TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-yoshio kubo 雑誌掲載リスト通販用TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-yoshio kubo 雑誌掲載リスト通販用

ショーでは、こんな感じで、
前を大きく開いて着ていました。
この写真では背中側映っていないのですが、生でショーを観たときに、
このモデルの後ろ姿がものすごくカッコ良くて、
「このベストは後ろがどうなってるのかな??」
と、ショーを観ているときから疑問に思っていたのですが、
実際に展示会でみたら、こんな感じでした。

TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-yoshio kubo 雑誌掲載リスト通販用TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-yoshio kubo 雑誌掲載リスト通販用TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-yoshio kubo 雑誌掲載リスト通販用TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-yoshio kubo 雑誌掲載リスト通販用TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-yoshio kubo 雑誌掲載リスト通販用TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-yoshio kubo 雑誌掲載リスト通販用

前ボタンをしめると、背中側がクロスになり、
前を開けると、背中側が良い感じで垂れて、ドレープシルエットになります。
前のディテールも凝っててかっこいいので、今季のヨシオクボでは、個人的にコレをイチオシいたしますニコニコ
平置きにすると、ディテールがよくわかりますよね。

TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-yoshio kubo 雑誌掲載リスト通販用TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-yoshio kubo 雑誌掲載リスト通販用

通販:背中がクロスになったヨシオクボのジレ

その他、ヨシオクボの過去記事はコチラから
TIURFは、ヨシオクボの正規取扱店です。
店頭、通販にて販売しております。
TIURF(チューフ)
群馬県高崎市通町18番地2F奥
027-384-3713
open 11:00-20:00
http://store.tiurf.jp

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

yellow × white KRISVANASSCHE Gradiater Sandal

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加


KRIS VAN ACCHE
DETAIL explanation
2010 Spring – Summer vol.2

TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion
今日は、
昨日に引き続き、クリスヴァンアッシュグラディエーターサンダルの、
「イエロー×ホワイト」

のタイプの解説をいたします。
昨日の記事では、「ブラック×ブラック」のサンダルを詳しくご紹介しましたが、
これはその色違いになります。
品番は、
イエロー×ホワイトのグラディエーターサンダル
品番:KRIS VAN ASSCHE_10S:101K2459-C00.301–WHITE+YELLOW

価格はリンク先のサイトでご覧ください。
=======

TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-yellow × white KRISVANASSCHE Gradiater SandalTIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-yellow × white KRISVANASSCHE Gradiater SandalTIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-yellow × white KRISVANASSCHE Gradiater SandalTIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-yellow × white KRISVANASSCHE Gradiater SandalTIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-yellow × white KRISVANASSCHE Gradiater SandalTIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-yellow × white KRISVANASSCHE Gradiater SandalTIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-yellow × white KRISVANASSCHE Gradiater SandalTIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-yellow × white KRISVANASSCHE Gradiater SandalTIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-yellow × white KRISVANASSCHE Gradiater SandalTIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-yellow × white KRISVANASSCHE Gradiater Sandal

カメラの連写機能って凄いですね、っていうのが分かる写真ですw
全体のバランスがわかりやすいかと思います。
こんなふうに、今回のクリスヴァンアッシュは、
ハーフパンツの下にさらにパンツを履いていて、
これは、レングスのグラデーションを試みている
のだそうです。
つまり、「一律で9分丈」というのではなくて、
様々な長さ、さまざまな丈のパンツを作ることで、
パンツ丈によってどんなふうに全体のシルエットが変わるか、
そんな実験的な試みをしているんですね。
上の写真は、
スーパーロング丈の麻素材のカットソーと、
TIURFでも人気の2プリーツありハープパンツ、
その下にフルレングスのルーズシルエットのパンツを合わせています。
麻素材のスーパーロング丈は、
黒だし、着丈がめっちゃ長いので、
普通ならかなり重たいイメージになりそうですが、
ちょっと透け感がある素材なので、
そこで全体の軽さを表現しています。
あっさりしているようで、きちんと計算しているこのバランス感が重要です。
次に、このイエロー×ホワイトのサンダルと、白で合わせるコーディネート例です。

TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-yellow × white KRISVANASSCHE Gradiater SandalTIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-yellow × white KRISVANASSCHE Gradiater SandalTIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-yellow × white KRISVANASSCHE Gradiater SandalTIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-yellow × white KRISVANASSCHE Gradiater Sandal

こちらも、先ほどの黒の場合と同じように、
フルレングスのパンツの上にハーフパンツを履いたり、
下がグレーの時は、重心を計算してフルレングスではなくてスパッツを履いています。
このバランス感は、さっそく参考にしたいですよね。
ハーフパンツだけの場合は、ちょっとスポーティーすぎてしまいますが、
こういうふうにレイヤードにすることで、がらりと変わって、都会的な感じに仕上がっています。

TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-yellow × white KRISVANASSCHE Gradiater SandalTIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-yellow × white KRISVANASSCHE Gradiater SandalTIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-yellow × white KRISVANASSCHE Gradiater Sandal

最後に、ディテールです。
これは、昨日店内で撮った実物です。
かかとがしっかりしていて、
サイドジップで着脱ができます。
ヒモの部分はフェイクではなく、実際にゆるめたりしめたりできますので、
足首の太さに応じて締めて履きます。
この商品は、コチラから通販が可能です。
イエロー×ホワイトのグラディエーターサンダル
品番:KRIS VAN ASSCHE_10S:101K2459-C00.301–WHITE+YELLOW

==
まだまだ
続きます!

商品のお問い合わせは、
セレクトショップTIURF(チューフ)までお気軽にどうぞ。
http://store.tiurf.jp

027-384-3713

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010春夏!クリスヴァンアッシュのサンダル、グラディエーターが入荷しました。

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

KRIS VAN ASSCHE

SANDAL & SHOES by Berluti


2010 SPRING SUMMER COLLECTION


TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-クリスヴァンアッシュシューズ
最近は、2010秋冬情報が多かった番頭日記ですが、
ひとまず今季に戻りまして、
今日は2010春夏情報です。
お問い合わせの非常に多かった、
クリスヴァンアッシュのグラディエーターサンダルやドレスシューズが入荷


 となりました。
今回入荷になったのは、
サンダル1型、
グラディエーターサンダル3型、
ドレスシューズ1型

の計5型です。
TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-クリスヴァンアッシュシューズ
TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-クリスヴァンアッシュシューズ
なぜこの5型になったかといいますと、、、、
▼KRIS VAN ASSCHEの基本ルック
TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-クリスヴァンアッシュグラディエーターサンダル
上の写真は、今季2010 春夏のクリスヴァンアッシュの「虎の巻」というべき
ルックや着こなしの解説が書かれた書類なのですが、
この中の、基本4モデルで、このサンダルが使われているからです。
Berluti について

今季クリスが契約した靴メーカーの、Berluti(ベルルッティ)について、軽くご紹介しておきます。
クリスヴァンアッシュは、クラシックでエレガントなテイストを好むデザイナーなので、
シューズには特に思い入れが強いデザイナーです。
靴とジャケット、
というアイテムについては、
イタリアでは昔からこんなふうに言われています。
「靴とジャケットの両方の技術を極めるには、人生が2回必要だ」


(それくらい習得に時間がかかるので、人の一生ではどちらか一方しか極めることができない、)
というくらい、技術習得に年数のかかる、奥深いアイテム。
そんな理由で、ジャケットの得意なクリスは、
餅は餅屋にの発想で、
靴については、昔から老舗の靴専門ファクトリーを使ってきました。
たとえば、
最初のシーズンは、
フランス国内でもっとも売れている老舗シューズメーカー、PARABOOT(パラブーツ)とのコラボ。
次に、
イタリアの誇るブーツメーカー、BUTTERO(ブッテロ)では、
JIPがぐるぐると螺旋状に巻き付くような斬新のデザインのブーツを発表。
といった具合です。
で、
今回は、いよいよフランスの老舗靴メーカーであるBerluti(ベルルッティ)と契約。
ベルルッティは、1985年創業の、パリを代表する老舗中の老舗メーカーで、
靴は芸術品でなくてはならないという考えの元、非常にクオリティの高いシューズを創るメーカーです。
特に、1足1足手作業で1枚革のつま先革から美しくグラデーション色づけするハンドメイド技法(パティーヌという、芸術的な透明感を備えたベルルッティ独自の色付け技法)で有名で、非常にエレガントな印象のシューズを創ります。
一方で、職人の技を使った独創的なシューズを作ることも得意なファクトリーなので、
モードの世界では、クリスヴァンアッシュを始め、マークジェイコブスやジバンシィらシューズが
ベルルッティのファクトリーで作られています。
▼Berlutiの歴史
TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-Berluti(ベルルッティ)
☆入荷アイテム


それでは、実際に入荷になったアイテムをみていきましょう。
まずは、
一番人気のグラディエーターサンダルから。

このサンダルは、実際に履くと分かるのですが、
ホールド感がものすごい良いので、きっちりヒモを締めて履くと、
サンダルだということを忘れてしまうくらいで、
ヒールもある程度高いので地面からのショックもほどよく吸収。
普段使いでがんがんアスファルトの上を歩くのに向いているサンダルです。
また、この手のグラディエーターサンダルにありがちな
「履きにくさ」もまったくなく、さすがBerluti、良い仕事してる!という履き心地。
値段もBerlutiになってからはそれほど高くないので、
今季のコーディネートの柱になるシューズだと思います。
▼ショーでのルック


ショー会場で撮った写真です。
ショーでのルックのうち、黒のグラディエーターサンダルが写っているものだけをPICKしてみました。
横からのアングルなので、
ボトムの太さや丈などとのバランスもチェックしてみてください。
枚数が多めなので小さめに載せてます。
クリックででかくなるので、気になる画像を拡大してご覧ください。
ブラック×
ブラックのグラディエーターサンダル
品番: KRIS VAN ASSCHE_10S:101K2459-C00.C01–BLACK

TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-クリスグラディエーターサンダル黒
TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-クリスグラディエーターサンダル黒
TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-クリスグラディエーターサンダル黒
TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-クリスグラディエーターサンダル黒
TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-クリスグラディエーターサンダル黒
TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-クリスグラディエーターサンダル黒
TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-クリスグラディエーターサンダル黒
TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-クリスグラディエーターサンダル黒
TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-クリスグラディエーターサンダル黒
TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-クリスグラディエーターサンダル黒
TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-クリスグラディエーターサンダル黒
TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-クリスグラディエーターサンダル黒
TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ブラック× ブラックのグラディエーターサンダル
TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ブラック× ブラックのグラディエーターサンダル
TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ブラック× ブラックのグラディエーターサンダル
TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ブラック× ブラックのグラディエーターサンダル
TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ブラック× ブラックのグラディエーターサンダル
TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ブラック× ブラックのグラディエーターサンダル
TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ブラック× ブラックのグラディエーターサンダル
TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ブラック× ブラックのグラディエーターサンダル
TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ブラック× ブラックのグラディエーターサンダル
TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ブラック× ブラックのグラディエーターサンダル
TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ブラック× ブラックのグラディエーターサンダル
TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ブラック× ブラックのグラディエーターサンダル

クリスヴァンアッシュグラディエーターサンダル
ブラック×
ブラックのグラディエーターサンダル
品番: KRIS VAN ASSCHE_10S:101K2459-C00.C01–BLACK

続きます!

商品のお問い合わせは、
セレクトショップTIURF(チューフ)までお気軽にどうぞ。
http://store.tiurf.jp

027-384-3713

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

アレクサンダーマックイーンのいなくなった日に考えたこと。

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

http://store.tiurf.jp

 
アレクサンダーマックイーン、ロンドンの自宅で死亡が発見される。
RIP Alexander McQueen.

TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-マックイーン

ソース:(WWD BBC
アレキサンダーマックイーンが、レディスコレクション直前のこの時期に、ロンドンの自宅で死亡していたと複数の報道がありました。
くわしいことは、まだわかりません。
2/3に、彼のツイッター上で母親のJoyce McQueenさんが亡くなったとあるそうなので、もしかしたらそれも関係するかもしれません。
ファッション業界に多大な影響を与えた偉大なデザイナーです。
謹んで御冥福をお祈りいたします。
アレクサンダーマックイーンは、
まだ40才だったそうです。
ペリーエリスにしろ、若くして亡くなられたデザイナーは、後世伝説になります。かれもそうなっていくでしょう。
僕にとって、マックイーンといえば、特別な思いがあるデザイナーの一人です。
TIURFの以前の会社(アンジャスティス時代)のとき、96年とか、その辺りかと思いますが、当時まだ僕の母親がギャルソントリコのバイヤーをしていて、全国初のセレクトショップといわれていたころのこと、
当時、あべみちるさんという方から紹介されたのが、アレクサンダーマックイーン、ヘルムードラング、ジャンコロナといった、いわゆる後のヴィアバス系の、最新デザイナーズブランドでした。マックイーンが日本に上陸するファーストシーズンからの取り扱いとなるので、日本での知名度もまったくのゼロ。展示会では、まだサンプルもなくて、なんと絵型と生地見本だけをみて、生地の端切れをいじりながら発注したそうです。
色のない絵型と、生地のハシキレを触って出来上がりの服を想像し、初めて耳にする無名の新人の服を発注するなんて、今では想像もできませんが、今更ながら母のセンスは凄かったんだなと思います。しかも当時はまだDCブームだったので、デニム1本2万円で『ビックリするくらい高い』と言われていた時代、ティーシャツで5万円していたマックイーンをサンプルも見ないで発注するのですから。ちょっと狂気じみてますよね。
でも、あの時の大転換があって、その後、うちのお店が大きく変わっていったので、
あの時発注をしていなかったら今頃はうちのお店もDCブームといっしょに消えていたかもしれません。
展示会から半年経つと、その時発注した商品が市場にでて、時代は一気にインポートブームに突入。
人気が高いのに、どこにも売っていないという明らかに需要過多。ラングやマックイーンが飛ぶように売れます。立ち上げにはたくさんの人が並びが並んでくれました。
その後、ヴィアバスは、代官山に直営店を出したり、人気だからと、後から後から取り扱い店舗を増やし始めました。最初は、各都道府県1店舗程度の出店計画が、だんだんとすぐ側の隣町にもどこにでもあるといった具合で、群馬でいえば、高崎以外に前橋や桐生といった小さな街にもヴィアバス系ブランドの取り扱い店舗ができてます。
こうなってしまうと、希少性があったからこそ人気だったのに、全国で価格競争やセールの値引き合戦になり、一気にブランド価値が崩壊。今から思えば、はっきりとインポーターが取扱店舗を増やしすぎたのが失敗の原因でした。
こうしてインポートブームは2.3年の短い間に過ぎ去り、時代はノーウエアなどの「アンチインポート」を打ち出した裏原宿系へとブームが変わって行きます。
時代は流れて、10年後、アレクサンダーマックイーンは、日本で再び脚光を浴びます。
大きな時代の流れを経験しているデザイナーですから、911、世界同時株安があった時にも絶妙なスタンスでモード界に存在感を示していましたので、チューフでは取り扱いはしてなかったですが、マックイーンはさすがだなと思っていた最近。今朝のニュースは本当にショックでした。
こうして思うと、日本に限らず、デザイナーズブランドは、なにを作るかももちろんですが、どこと組むか、どう売るかという業者選択が非常に大事だとおもいました。息を長く取り扱いを続けていくのが必ずしもいいわけではなく、売れる時に短期間でばっと売って稼ぐ方法もあるでしょうが、そういった、売り方の部分はデザイナーは得意ではありませんから、セールスの業者、日本の場合はインポーターが、その部分をコントロールして、最適を引き出してあげる役割りの存在が必要です。
アレクサンダーマックイーンは、天才的なデザイナーの一人。実力は誰もが認めるところてすが、僕の中では、日本ではちょっと振り回されたデザイナーだったような印象がどうしてもつきまといます。この業界では才能は資産。
マックイーンに関しては、ただ、悲しみだけを、強く感じます。
今後のことですが、
マックイーンクラスのデザイナーブランドは、日本の某大手ECサイトでの展開を準備していると聞きます。
これにより、いま頑張っている全国の専門店はかなりの影響があると思います。ひょっとしたら壊滅的なダメージを受けるお店もあるかもしれません。需要が減っているところで、出店をするわけですから。
取り扱いをしたい、という魅力的なオファーを受けて、インポーターが、出店店舗数を増やす。
かっては10年前は隣の街に。今度はインターネット上に、です。
この流れは、
かってインポートブームが過ぎ去る前の状況に非常によく似ています。
ECサイトと手を組み出店を許可したインポーターは、いつか小売側に自分達が利用されていたことに気づくでしょう。
業界の資産を食いつぶしていくやり方は、長く生きていけません。
この流れに乗った多くのメーカーやブランドのうち、いったいどのブランドが数年後にも残るのでしょうか?
僕ら専門店は、
一つの波が過ぎたとしても、その次の波を捉えていけば、いくらでも生き延びて行くので大丈夫です。
しかし、時代は繰り返しますし、こうしてヒトは変わって行くのかもしれません。
マックイーンのいなくなった日に考えたこと。
http://store.tiurf.jp
iPhoneからの投稿
———————–

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガバックナンバー vol.131 クリスシューズ入荷&kolor追加生産決定のお知らせ

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

followme at Twitter
http://twtr.jp/user/tiurf
T I U R F

vol.131 クリスヴァンアッシュ、グラディエーターサンダル入荷!
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
1)KRISVANASSCHE グラディエーターサンダル入荷
2)kolor 2010年春夏パンツ追加生産決定!
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
こんばんは。TIURF(チューフ)のホリゴメです。
今週は、ぐるり神戸まで出張に行ってきました。
目的は、コーネリアンタウラスbyダイスケイワナガという
兵庫県にあるバッグメーカーの新作の展示会発注です。
新型、新色がたくさんあり、
目移りしちゃうたくさんのサンプルが陳列されている神戸のアトリエでの発注で、
デザイナーさんとも直接じっくりお話することができました。
お昼は、地元神戸の方がよくいくカフェでごちそうになりました。
コーネリアンタウラスは、まだまだ取り扱いのお店が少ないですが、
TIURFでは、今後もじっくりと取り扱っていきますので、
ぜひ期待してくださいね。
さて今週は、KRISVANASSCHEのシューズの入荷と、
KOLORのパンツの追加生産品番のお知らせです。
1)クリスヴァンアッシュ、グラディエーターサンダルがついに入荷となりました。
KRIS VAN ASSCHEの2010春夏のパリコレはもうチェックされましたか?
ほとんどのモデルが、グラディエータータイプのサンダルを履いて、
ハーフパンツで合わせて、颯爽と、涼しそうに歩いていたのが印象的でしたね。
クリスの靴は、
今季はフランスの老舗靴メーカーのBerluti(ベルルッティ)で靴を生産しています。
Berluti は、創業1895年、パリではサントノーレ通りにも直営店を持つ老舗の靴メーカーです。
ノーズ(靴のつま先)のバランスに特徴があり、
とってもエレガントなシルエットと革の色遣いが特徴です。
昨シーズンまでクリスは、
イタリアのブーツメーカー「Buttero」で靴を生産しておりましたが、
ブーツ(ハードさ)から短靴(エレガンス)へと変えきたことで、
クリスの方向性が、少し見えてくる気がしますよね。
今回は、サンダル1型、グラディエータータイプのサンダル3型、短靴1型の、全部で5型。
写真は明日お昼までにWEBにアップされますので
ぜひお楽しみに!
店頭では、全型展開中です。
▼番頭日記で、1型を詳しく解説しています。
『2010春夏!クリスヴァンアッシュのサンダル、グラディエーターが入荷しました。』
http://ameblo.jp/buyernote2/entry-10457206361.html
▽以下のリンクから、各商品を直接ご覧いただけます。
黒×黒グラディエーター [SHOW使用モデル]
http://store.tiurf.jp/products/detail.php?product_id=965
イエロー×ホワイトグラディエーター [SHOW使用モデル]
http://store.tiurf.jp/products/detail.php?product_id=964
サンダル(ショー未使用)
http://store.tiurf.jp/products/detail.php?product_id=968
ヒール付サンダル
ホワイト×ホワイト [SHOW使用モデル]
http://store.tiurf.jp/products/detail.php?product_id=966
ドレスシューズ(オススメ!) [SHOW使用モデル]
http://store.tiurf.jp/products/detail.php?product_id=967
=========
2)kolorの2010春夏パンツ、追加生産が決定しました。
(2/15 午後12時まで受け付けOK)
TIURFで、圧倒的な人気で、最も旬なブランド、KOLOR(カラー)。
入荷して即日完売で、再販を強く望まれていたパンツ類とカバリングニットジャケットの、
全9型について、ついに再生産が決定しました!!
KOLORというブランドは、とにかく「定番」アイテムが強くて、
定番アイテムだけを毎シーズン買う人が多いブランドなのですが、
特に特に人気なのが、
9分丈のパンツ、通称「クロップドパンツ」と、
フルレングスのワイドパンツ、通称「定番パッカリングパンツ」と、
シャリシャリしたニット素材のジャケット、通称「カバリング天竺ジャケット」、
これに、
今シーズンより加わったデニム、
この4モデル、生地違い含めて9モデルが追加生産が決まったので、
もう、好きな人にとってはまさにお祭り級の嬉しさです。
しかも今回の追加生産は、
今回だけしか生産されない、新しい生地、新色が提案されていて、
9モデルのうち8型がなんと新色なんですね。
生地見本しかないので、写真でお見せすることができないのですが、
オーダー締め切りが2/15(月)12:00までTIURFで受け付けておりますので、
買い逃した方、限定の新色が気になる方は、
ぜひぜひお問い合わせください。
DENIM
http://store.tiurf.jp/products/detail.php?product_id=653
↑この色のみ継続、ずばり同じものが追加生産されます。
この色の他、ワンウォッシュが追加生産されます。計2色。
クロップド
http://store.tiurf.jp/products/list.php?name=P09109
↑この形で、
新素材として「グレーベージュ」「アーミーグリーン」「ネイビー」の3色が追加生産されます。
定番パッカリングパンツ
http://store.tiurf.jp/products/list.php?name=P1010
↑この形で、
新素材として「グレーベージュ」「アーミーグリーン」「ネイビー」の 3色が追加生産されます。
カバリング天竺ジャケット
http://store.tiurf.jp/products/list.php?name=T03201
↑この形で、
新素材として「ダークネイビー」が追加生産されます。
KOLORのお問い合わせ先:
TIURF(チューフ)
027-384-3713
info@tiurf.com
11:00-20:00
(2/15の締め切りを過ぎますと、一切追加を受けることができません。
締め切りまでは、サイズ、点数に制限なくご予約を受け付けます。)
▼ブログ番頭日記:神戸編
http://ameblo.jp/buyernote2/theme-10011366608.html
PS
== RIP Alexander McQueen.
今朝は、もぞもぞと布団の中で何気なくニュースをチェックしていましたら、
あるニュースで飛び起きるほどびっくりしました。
あの、アレキサンダーマックイーンが、ロンドンの自宅で亡くなったそうです。
びっくりして言葉も出ませんでした。
マックイーンについては、当店では取り扱いはしていませんでしたが、
思い入れのあるデザイナーだったので、簡単に記事にしてまとめてみました。
ご興味ありましたらどうぞ。
「アレクサンダーマックイーンのいなくなった日に考えたこと。」
http://ameblo.jp/buyernote2/entry-10456902125.html
RIP Alexander McQueen.
どうか安らかにお眠りください。
☆スタッフからのお薦めアイテムページ(PCのみ閲覧可)
http://store.tiurf.jp/user_data/2010SS_recommend.php
▼通販
http://store.tiurf.jp
番頭日記1
http://buyernote.seesaa.net
番頭日記2
http://ameblo.jp/buyernote2/
Twitter(パソコンからはコチラ)
http://twitter.com/tiurf/
Twitter(携帯からはコチラ)
http://twtr.jp/user/tiurf
info@tiurf.com
027-384-3713
〒 370-0053群馬県高崎市通町18ー2F
Open 11:00-20:00

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメダ珈琲

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

photo:01


photo:02


photo:03


photo:04



前日の神戸から、ディースクエアード展示会のためにTOKYOに向かう途中。
眠気に勝てず、名古屋で途中一泊。
名古屋の日本銀行の近くのホテルに泊まった。
翌朝、iPhoneのアプリの『30MIN』というソフトを使って調べたら、
名古屋に来たら、『コメダ珈琲』、が定番!
という口コミがたくさんあったので、味噌カツでもなく手羽先でもなく、コメダ珈琲にてブランチすることにした。
結果は、大正解!!
料理は大振りで、珈琲はおいしい!
めっちゃくちゃ気に入りました。
このあと、五時間かけて恵比須に向かいます。
コメダ珈琲
名古屋にて
iPhoneからの投稿

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

神戸三宮と人口問題による品揃への影響

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

コーネリアンタウラスのアトリエから、
市内観光へ向かう。
いくつかのチェックすべきショップを回ろうと、三宮に出てみると、
街がでかい!そしてキレイ。
神戸の街は、きっちり区画されている感じは仙台にも似ているけど、
もっとずっと道が細くコンパクト。
人手の多さは、渋谷や新宿っぽいけど、
テイストは銀座のようで、
女性はみんなメイクばっちり。
髪は長めで、みな背中の真ん中ぐらいまで。
スカート率が高くて、無地が多い。
上品な着こなしが多いかなと言う印象だ。
ああ、これがKOBE FASHIONかと、妙になっとくできた。
で、メンズはというと、、

photo:01



偶然、トイレを借りるためにある建物には行ったら目立っていた若者がいたので、
声をかけたら
「どんなブランド好きなんですか?」
「それならあっちの方ですね」
といった感じで、
いろいろ教えてくれた。
関西人は親切だなー。
教えてくれたお店は、
僕のチェックリストにないお店ばかりだった。
その後、チェックリストにあるショップをいくつか回って、
気になるブランドをサンプル買いとかして回る。
どちらも素晴らしいお店ばかりで感嘆した。
印象は、「激戦区だな」という感じ。
神戸という街は、とっても人口が多い街。
その人口に対しては、ブランド系のお店が少ない印象だった。
だから、けっこう「楽」に商売しているのかと思っていたが、
実際に回ってみたら逆だった。
ブランド系のお店はたしかに少ないのだけど、
大丸や、今度オープンするバーニーズを始め、BEAMSやミント神戸などの大型ショップがすでにあり、
一般的なお客様は、かなりの選択肢の多い中で服や雑貨を選ぶことができる。
1軒目で買わなくても、次のお店にももっとイイ物があるかもしれないから、
ぐるぐると回って買い物をする。
すると、中途半端な品揃えだと買ってくれないので、結果的に、「濃い」品揃えにならざるをえない。
すると、人口の多い割に間口の狭い品揃えになってしまう。
競争の激しい街は、やはり群馬に比べてもそれなりに大変で、群馬は群馬で良いところもやっぱりある。
一概に「人口問題」が全てを解決するわけではないんだな、ということがよくわかった。
帰りは、神戸牛。

photo:02


photo:03



明日は東京恵比寿でDSQUARED2の展示会だ。
モーリヤ本店にて。
iPhoneからの投稿

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加