靴の修理(ソール貼り、かかと貼り、ソールの全面張替え、磨き、リペア)はTIURFにお任せください。持ち込みOK!

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は、TIURFの契約する、
2社の靴修理職人さんをご紹介をします。

いい靴を長く履くためには、靴のメンテナンスは大切ですね。

靴については イギリスのブレア首相にこんなエピソードがあります。

彼はイギリスのノーサンプトンでフルブローグの靴を購入してから毎週その靴を履き、以来1度ソールの張替えをしただけで、18年間履き続けたといいます。新聞社のタイムズ紙とのインタビューでは「バカげていると思うが、毎週の質疑応答では必ず同じ靴をはいていた。その靴を18年間履き続けている」と語り、さらに「安い靴は不経済だからね」と付け加えたといいます。

スニーカーなどのゴム底の靴や、見掛け倒しのモード靴などは、基本的に「履きつぶし」なので、ソールが減ったり、形が歪んだりしてしまうと、そのまま捨てるしかないのですが、革靴やブーツの場合にはスニーカーと違い、基本的には「直しながら履き続け」ます。なので、メンテが上手に出来るのであれば、安物買いの銭失いにならず、良い靴、高い靴ほど実は経済的だったりします。

TIURFはいまは洋服屋ですが、昭和25年から平成にかけて服屋をやる以前は実は婦人靴の店でしたので、靴に関してはちょっと思い入れがあり、いい靴を長く履いてもらいたいという気持ちが強いです。

それは、靴のメンテナンスも同じです。
いい靴ならば、できるだけ状態でメンテナンスして長く履いてもらいたい、と考えます。

TIURFは、2社の靴メンテナンス職人と契約しています。

1つは地元で長く続ける靴修理職人のAさんで、もうかれこれ50年くらいの付き合いがある職人さんです。
Aさんは、地元高崎の白バイ隊のブーツの修理などもしていて、昔から靴修理を長く続ける地元の職人さんです。

もう1社は、LOUIS VUITTON など大手メゾン持ち込む先の都内にある修理職人会社で、靴と革製品の修理職人集団のG社です。

 

この記事の続きを読む >>

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加