フジテレビ問題のまとめ。

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年8月初旬現在。ネットのヘビーユーザーならば、このニュースを最近目にしない日はないでしょう。

フジテレビの問題。

あまりネットをしないヒトや、テレビを見ないヒトのためにちょっと最近の流れを簡単にまとめてみました。あくまで、僕個人としては中立として書いていますので、そのつもりで皆さんと一緒に考えてみましょう。

この記事の続きを読む >>

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

Share Spiritからの応援。Share Spirit は、ブランド名ではなくなり、大切な言葉になります。

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

Share Spirit が、ONE LOVEバッジを作りました。

sharespirit_onelove_tiurf2.jpg

当店で根強い人気の「シェアースピリット」。
世界中を旅し、愛と平和を本気で考えるデザイナーさんがデザインする日本のブランドです。

先日、シェアースピリットから
力強いコメントと、たくさんのバッジが、突然TIURFに届きました。

コメントは、次のようなものでした。

この記事の続きを読む >>

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

「福島第一原発 現状と今後とるべき対応策 (大前研一ライブ580)」より。

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

福島第一原発 現状と今後とるべき対応策 (大前研一ライブ580)

大前研一

さんて人は、元大手のシンクタンクにいた方なので、
理論的にはこの人のいうことは穴がないことが多く、ぼくもいままでこの人のいろんな言論を見て読んできて、その都度この大前さんのいうことはもっともだと思ってたけど、あとになってその言ってることが正しかったのかどうなのかを検証してみると、言ってるほどではないケースが多い。
つまり、理論には穴がないけど、ある程度疑って話を聞かないとだめなんだよね。

それを承知の上で、上の動画を見てみてください。

この動画は、「坂井直樹の”デザインの深読み”」というブログで紹介されていたものです。
詳しくはこの記事を読んでいただくとして、なにしろ1時間以上の動画なので、まとめますと次のとおりになります。

坂井さんのここに原文があり、重要な部分をテキストに起こしてくれてます。

「色々な方がテレビやネットで福島第一原子炉の分析や予測を行っておられるが、どうも大前さんの話が合理的な判断の度合いのように僕は感じる。最新の大前研一ライブ580_2011.3.27のテキスト起こし。」

原子炉燃料の処理について福島第一は、原子炉の中で2~3年は燃える。建屋内冷却プールは数年、共用使用済み燃料プールは数年~10年。キャスク保管で数年後搬出待ち。
プルトニウム・ウラン混合酸化物は六ヶ所村永久貯蔵施設 800~1000mの地下に永久保存。

以上転載ここまで。


もっと甘い意見もあるし、もっと極端な意見もある。
ぼくもいろいろ調べてみたけど、こういう具体的な意見は、あまりテレビやラジオでは聞けないと思うので、情報源がテレビ・ラジオくらいしかない人は、一見の価値があると思います。

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

シンプソンズも放送キャンセル。

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の原子力発電所の事故を受け、スイスとオーストリアが人気アニメ「ザ・シンプソンズ」のストーリーに含まれる原子力発電所のトラブルを取り上げたエピソードなどの放送をキャンセルした。

また、危なっかしい内容のブログですいません。
放送禁止になってしまったというシンプソンの原発ジョークの回。

こんな内容でも心から素直に笑える平和な時代に、早くなりますように。


::各国の反応::

問題のシーンは、スイスとオーストリアが、放送をキャンセル。
オーストリアは、キューリー夫人が放射能中毒で亡くなるエピソードの放送をキャンセルしたほか、炉心溶融のジョークがセリフに含まれていたエピソードの放送を取りやめ、スイス、オーストリアの両国のテレビ局は、今後も内容を詳しくチェックしてから放送をするとハリウッド・レポーターは報じている。

 同アニメでは、父親のホーマーが原子力発電所に勤務している設定になっており、仕事中に居眠りをしたり、燃料棒を道端に捨てたりと、風刺することで原子力発電の危険性を取り上げている。しかし、日本での事態が深刻化していることで、各国の原子力発電に対する姿勢にも変化が見られ、世間も敏感になってきているため、アニメで笑いまじりに放射能汚染などを取り上げるのは不適切と考えたようだ。

[goo news] より。

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

東北関東大震災のために、TIURFの店内に募金箱を設置しました。

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

東北関東大震災のために、募金箱をはじめました。

TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-福島震災

東北関東大震災から、10日が経ちました。
ここ群馬では、被害も直接には大きくなかったので、日に日に落ち着きを取り戻しています。
同じ関東でも、都内や埼玉のように電車移動が多い地域の人のほうが、イライラ感があるそうですね。
群馬は車社会なので、ガソリンさえ回ってくれば、たぶんもっと落ち着きが出てくるのではと思います。

さて、TIURFのお店としても何かしたい!
ということで、週末には早速募金箱を作ってみました。

PLAY FOR JAPAN 。
TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-PLAY FOR JAPAN
このデザインは、先日ツイッターで知ったもので、(以下ここから引用
これらの経緯は「ある方から「さとなお」さんに、店で義援金を募集したいのですが募金箱のデザインをして下さる方はいらっしゃいませんか?」という呼びかけから始まったようです。PDFファイルにして上げていただければ全世界でDLして印刷し、色々な場所におけるようです。つまりコピーフリー。
「さとなお」さんが、すぐに友人の石川淳哉さん(@junyaishikawa)にツイッターで相談し、「すぐ動こう」となり、あっという間に超多忙なデザイナー森本千絵さん(@morimotochie)にアプローチ。快諾をいただいて約1日、こんなデザインのマークが完成した。想いが詰まっていて、温かいいいマークだと思う。松永有子さん(@ebiita)、押井猛さん(@gatyaping2)のご協力も得て出来上がった。
サイトはこちら。Play for Japan
募金第一号は、コチラの方!
TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-福島震災
TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-福島震災
続いて、こんな方も募金してくれました。
TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-福島震災
TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-福島震災
このお客様は、TIURFの近郊に住まれる介護士の方なのですが、
なんとこれから、
自ら志願して、これから福島に向かうんだそうです。
さっと財布から募金をしてから、
「これから実は福島に行くんですよ」
「ええ???これからですか??何をしに?」
「僕、介護士なので」
ええーーー!!!!
行政機関からFAXが職場に届いたらしく、
その中で、福島に行く志願者を募集しているということで、自ら志願されたそうです。

「お金や物を送るのもいいけど、直接行ったほうが役立つ」

と彼はおっしゃてました。
募金箱作って喜んでた僕としては、非常に胸が痛くなる重いです。
翌日には、こんなお客様が。
$TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-福島から避難されてきた方
TIURFTIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-福島から避難されてきた方

この子(右の子)は、なんと福島から非難してきた若者です。

彼らはそれぞれ、福島・宮城に実家があり、ご両親はまだそちらにいるそうです。
たまたま高崎経済大学に進学した友人(左の子)の元に、非難してきたとのこと。
福島大をはじめ、4月から大学が始まりそうもないこと、被害がひどいもののみなmixiなどで情報をやり取りして安否確認したいたこと、地盤が4mも動いたこと、スーパーやコンビニに食料も水もなこと、
さらに、

「募金(お金)よりも物(物資)の方がありがたい」

とおっしゃっていたことが胸に刻まれました。
あと、これはヒントになるなーと感じたのは、
週末にご来店の他のお客様もそうだったのですが、
みんな

「これから仕事が増えて忙しくなる」

ということ。
ある自動車製造の工場に務めているお客様は、
「あれだけの数のクルマが流されているから、このあと落ち着いたらみんながクルマを買う。忙しくなりそうだと言われた」
というし、
福島から避難してきた子も、
「親が測量士をしている。地盤が大きく動いたので、いま本当に仕事が増えていて大変だ」
「これから復興となれば、測量士はもっと仕事が増える」
という。
確かに。
あれだけたくさんの物が破壊されて、たくさんの人が命をなくし、たくさんの人が移動している。
まずは人命救助が先決だけど、それが済んだら、復興のためにものすごく人の仕事が増えるはずだ。
みんなが平和になって、仕事が増えれば、給料も増え、それからぼくらのような洋服屋も忙しくなってくるはず。
だから僕は、今回の被災には、あまり悲観はしていない。
むしろ悲観的になってはならず、みなで楽観的・前向きに復興のために考えなければと思っている。
1945年に日本は全部焼けて、そこから復興した経済大国日本を、NIPPON 2.0とすれば、
2011年から、復興していく日本は、NIPPON3.0だ。
きっとまた復興できるはずだと、今週末はいろんなお客さんと話をして感じた。
日本は、強い。
TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-福島から避難されてきた方
なお、今回いただいた募金については、
全額を日本赤十字社を通じ、被災者のための義援金として寄付させていただきます。


営業時間変更のお知らせ

このところの計画停電の影響を最小限にするために、
営業時間を変更いたしました。
通常時11:00-20:00

3/19(土)以降
土日祝 10:00-19:00(一時間早めて開店)
平日  10:00-19:00(一時間早めて開店)
なお、停電中も元気に営業いたします。
通販なども通常通り承ります。

お問い合わせはTIURFまで。
http://store.tiurf.jp
info@tiurf.com
027-384-3713

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

楽観的という表現について紛らわしいので修正いたしました

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

楽観的と悲観的という言葉を、

それぞれを辞書で引くと、次のような意味でした。

【楽観的】らっかんてき (形動) 物事がうまくいくだろうと明るい見通しをもつさま ⇔悲観的。 【悲観的】ひかん‐てき [形動]先行きに望みはないと考えるさま。望みのもてないさま。「―な状況」「物事を―に考える」 ⇔楽観的。

普段からとても良くご来店してくれる常連で仲の良いお客様から、

先日書いたブログの記事で、次のように書いた箇所について、

「楽観的」という表現がおかしいのではないか、というご指摘を受けました。

ブログについては、読み返してみて、これは誤解を招きやすい表現だったなとすぐに思いましたので、次のように修正いたしました。

不快な思いをさせてしまった方には、お詫び申し上げます。

以下補足です。

/* ==元の記事== */

あれだけたくさんの物が破壊されて、たくさんの人が命をなくし、たくさんの人が移動している。

まずは人命救助が先決だけど、それが済んだら、復興のためにものすごく人の仕事が増えるはずだ。

みんなが平和になって、仕事が増えれば、給料も増え、それからぼくらのような洋服屋も忙しくなってくるはず。

だから僕は、今回の被災には、あまり悲観はしていない。

むしろ楽観的に考えている。

/* ==元の記事終わり== */

この、楽観的という部分が、

事態を軽く考えている、という風にも読めますので、

辞書の表現の通りに、そのまま置き換えました。

次のようになります。

/* ==修正後== */

あれだけたくさんの物が破壊されて、たくさんの人が命をなくし、たくさんの人が移動している。

まずは人命救助が先決だけど、それが済んだら、復興のためにものすごく人の仕事が増えるはずだ。

みんなが平和になって、仕事が増えれば、給料も増え、それからぼくらのような洋服屋も忙しくなってくるはず。

だから僕は、今回の被災には、あまり“先行きに望みはないと考え”てはいない。

むしろ“物事がうまくいくだろうと明るい見通しをもって考え”ている。

/* ==修正後終わり== */

楽観的・悲観的という言葉を、辞書通りに置き換えました。

こういう場合は、正しい・正しくないの問題ではなくて、

読むひとの捉え方、読み手がどのように感じたかの方が重要なので、

前の記事の部分は、上のように修正いたしました。

このことについて、わざわざ僕本人に面と向かってご指摘してくれてありがたいです。

日頃から良くしてくれている方からのご指摘なので、僕のことをまったく知らない人が読んだら、もっともっとたくさんの人がその文を読んで「おかしい」と感じるのではないかと思いました。

もしかしたら、似た言葉で【楽天的】((楽天的は、物事にくよくよしないでいつも明るいほうに考えていくさま。のんきなさま。という意味)という言葉があるので、

【楽観的】と【楽天的】という言葉が語感も似てますし

そういう紛らわしい言葉は、ここで使うべきではありませんでした。

先日書いたブログの記事は、みんなを勇気づけたいなと思って、自分の信念に基づいて書いた一文です。

*ちょっとここからは難しい話になりますが、、*

あの記事は、実際に福島から非難してきた若者たちと話をして、感じたことを書いた記事でした。

福島の彼らは、群馬にいる僕より、ずっと被害が大きいはずなのに、

いろいろ先のことを前向きに考えていて、

十分に楽観的=物事がうまくいくだろうと明るい見通し=を持っていた。

悲観的=先行きの望みがない=とはまったく考えていなかった。

確かに、物資は足りてないし、風評被害がひどいとは言っていたけど、

それに絶望をしているほど、弱く打ちのめされてはいなかった。

福島の彼らと話していると感じたのは、

むしろ被災地より遠い群馬にいる僕のほうがいろんなことに心配をしていて、

実際に被災地に近い彼らの方は、それを一回通り越して、

その上でもっと前向きで力強く生きていこうという姿勢でした。

そのギャップに、僕も何か勇気づけられた気がしたのでした。

僕はそれを、「楽観的=物事がうまくいくだろうと明るい見通し」をもった姿勢だなと感じたので、

前後の説明もなく、あのような表現を使ってしまったのだけれど、

それは、暗い夜明け前に、ひと筋の光が差し込むような、何か希望(ヒント)をみた思いをしたのでした。

ところで英語では、こういうことを「Silver Lining」と呼ぶんだそうです。

“Silver lining”の“lining”は「線を引く」という意味で、“silver lining”を直訳すれば「銀色の線を引く」となりますが、決まり文句で「不幸な状況において希望の光が見える」という意味になります。嵐の後、雲間から差し込む光のように、「何事もどこかに光明がある」という意味です。

いまこの状況で、僕が発見した希望のひと筋は、

こんな状況で、何もかもが破壊されてしまった後だけれど、それゆえに、

『いま、この状況が落ち着いてくれば、そのあとは、復興支援のために必要な仕事が増えてくることが予想されるために、様々な人が働く仕事が増えて忙しくなるだろう』、というこのから先の世界の希望でした。

はじめは、かって「地味」と言われていた仕事から必要とされる。

介護・製造業・警備・整備・道路・インフラ関連・配送業・測量士・看護士といった、人が困ったときに裏方として役に立つ職業。

それから、景気がよくなってから、美容・ファッション・旅行といった「人に楽しんでもらう」職業が回復してくる。

「みんなが平和になって、仕事が増えれば、給料も増え、それからぼくらのような洋服屋も忙しくなってくるはず。

だから僕は、今回の被災には、あまり”先行きに望みはないと考え”ていない。

むしろ”物事がうまくいくだろうと明るい見通しをもって考え”ている。」

というのは、そういう意味で書きました。これが僕が見つけた希望の光だから。

長くなっちゃいました。結局言い訳っぽくなっちゃってすいません。

ご指摘ありがとうございました。

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

津波を乗り越える巡視船まつしま=海上保安庁提供

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

津波を乗り越える巡視船まつしま=海上保安庁提供

すげー!
1:25秒あたりで、大きな津波が来て、それを巡視船まつしまが乗り越えています。
津波に対して直角に乗り越えながら、沖に、沖にと逃げている様子です。

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

明日3/19土曜日の第五グループ高崎地方の計画停電は実施見送り。TIURFも通常営業です。

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

高崎市【防災情報】
東京電力によりますと、明日19日(土)の15時20分から19時00分の間に予定されていた、高崎市内を含む第5グループの計画停電については、実施されないこととなりました。
今後とも節電にご協力ください。
高崎市役所総務部庶務課配より
iPhoneからの投稿

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

「うんち・おならで例える原発解説」原発や放射能が心配な人は、この動画みるといいよ。

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

「うんち・おならで例える原発解説」

この動画は、ツイッターでは有名で、たくさんの方がツイートしたもので、
原発の危険性、どこまでが危険で、どこは大丈夫なのか、
簡潔にまとまっていて分かりやすいです。
見ると、とりあえず安心できます。
なお、自分が住んでいる街の放射性物質の値を正確に知りたい人は、
こちらもご覧ください。
全国の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/

TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion
TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion
ソース; http://atmc.jp/
ちなみに群馬県が、事故直後に一時数値が下がっているのは、停電のためです。
日本のマスコミ報道(特に民放)を見ていると、
事故の様子がまったくよくわからない。
原発がいまどのような状況なのか、
いま自分の町が安全なのか、危険なのか、
東京・群馬から非難したほうがいいのかどうなのか、
そのあたりについては、大臣の報告を注意深く聞いていてもわからない。
東大やらの大学教授の話を聞いていてもわからない。
むしろテレビは、不安にさせるような根拠のない話しばかりで、
見ているとむしろパニックになってくるくらいだ。
僕は、この前書いたブログを自分で実践してみた。
つまり家族にツイッターを教えた。
twitter.comでアカウントは僕が作ってあげて、それから、お客さんから教えてもらったガラケー用のツイッターアプリ
TWITTIE
をdocomoの携帯にインストールしてあげて、最初の初歩的なことだけを教えた。
そしたら自分で大学教授や有名人を10人ほどフォローして、それ以来不安な表情をしなくなった。
携帯を開くだけで、大量の情報が流れている。
正しいたくさんの情報を、早く大量に得ることができるようになって、テレビも見なくなった。
人は、情報が正しく入ってくるだけで、安心できるのだ。わからないから不安になる。
何か僕にできることといえば、
僕のこのミーハー根性をフルに活かして、たくさんの情報を得て、
それを拡散することだ。
それからお店としてできること。
これも今画策中だが、なにかアクションはする。
みんなで助けあって、つながり合って、NIPPON 3.0として日本を復興させていこう。
また、メルマガについては、
前回のメールで「しばらく自粛する」としたけど、
様子を見て復活させます。
関東以南の、関西や九州の方からは、震災前と変わらず通販やお問い合わせをいただいているし、
僕自身が、通常の経済活動をすることが、
まずは日本のためになると思うから。
ではでは。また。
ほりごめ
「原発・地震・津波・関東東北大地震・安全」についての記事一覧

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加