LEMAIRE(ルメール)2016-17秋冬が入荷しました。

Posted by in 2016-17AW, LEMAIRE[ルメール]通販, ニット, 商品紹介, 展示会, 海外出張パリ・ミラノ食・文化・ファッション・旅


LEMAIRE
2016-17aw
in store, TIURF

lemaire_8122

フランスより、ルメールの秋冬アイテムがたくさん入荷になりました。

LEMAIRE【ルメール】は、
パリコレを代表する、「ちょいユル」シルエットの先駆者的です。

 

About LEMAIRE,

このブログで、ルメールをご紹介するのは初めてなので、
デザイナー、クリストフ・ルメールについて、軽くおさらいをしておきましょう。

ルメールは、元々のセンスに加え、両極端の様々なデザインを経験しながら、独特のバランス感をもったデザイナーです。

たとえば、

元々90年代頃に第一次ルメールブームがあった時には、
ガチガチに硬い素材、
ジップのライダース、
コットンのヘビー素材、
そして
これでもかいうタイトな細身シルエットを得意とするデザイナーでありました。

90年代、同時期に活躍したラフシモンズもおりますが、
彼もこの頃はガチガチの細身シルエットで、そのあとジルサンダーのデザイナーを経験してから、ゆるくオーバーサイズのシルエットに変化していきましたよね。

 

ルメールはその後、LACOSTE(ラコステ)のデザイナーに就任して、
スポーツブランドを極めます。

またその手腕が買われて、
フランスを代表する国家的ブランド、HERMES(エルメス)のデザイナーに就任。エルメスのもつ世界一リッチな顧客のためにデザインをすることで、エレガントな職人技の極致を極めます。

さらには、最近では、UNIQLO(ユニクロ)とのコラボも記憶にあたらしいところで、ファストファッションも体験。

モード→スポーツ→エレガント→ファストファッション(大衆)と、
若くして、
これほど多くの経験をしているデザイナーは、世界広しといえども少ないでしょう。

このようなデザイナーですから、
ルメールはバランス感がとても良いのです。
ルメールが、目指している、やろうとしているデザインの方向性は、世界のプロフェッショナルな人から、たいへん注目されており、いま彼がクリエーションするものは、パリやミラノで活躍するたくさんのデザイナーのベースにあるような気がします。

また余談ですが、

クリストフ・ルメールの奥様は日本人女性で、小柄な可愛らしい方です。
ルメールの作るカットソーは、どことなく日本の祭り衣装の「鯉口」に似てたり、無駄を省いた断捨離デザインを最近のルメールが好むのも、44サイズ,46サイズが日本人にフィットしてきたのも、、、もしかしたらこうした背景が関係しているのかもしれませんね。

ブランド名の、「クリストフ・ルメール」という個人名から、
「ルメール」というファミリーネームに変更したのも、二人でデザインをしているという意味もあるのでしょう。

 

特に、ルメールがここ数年得意としている、ユルいシルエットは、2017春夏の本命と言われるトレンドで、【ちょいユル】という切り口で、いろんな雑誌で提案されるそうですよ。

というわけで、

注目の、【ルメールの2016-17秋冬】が入荷しました。

ぜひ御覧ください。

 

ルメールの商品は、こちらからご覧いただけます。

http://store.tiurf.jp/products/list.php?brand_id=88

lemaire_8312

lemaire_8123 lemaire_8125 lemaire_8279 lemaire_8291

 

TIURF