SAVE THE DUCK(セイブザダック)。イタリアから日本初上陸のダウンブランドについて解説。TIURFで取扱い開始。

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

SAVE THE DUCK

FROM ITALY

SAVETHEDUCK TIURF

 

カタログ作成作業を続行中であります。

ちょうどいま、冬物のダウンジャケットについてのコメント入力にさしかかりました。

だいたい上の写真のような、こんな感じのレイアウトです。
これにコメントを入れていきます。

 

 

DOWN JACKET

ダウンといえば、

冬の夜の街を遊ぶ時も、身軽な旅行を楽しむ時にも、
毎年訪れる極寒の時期を乗り切るためには、暖かくて軽い機能的なダウンが必須ですよね。

今季は、様々なデザイナーからダウンがリリースされている、珍しいシーズンです。

たとえば、

エレガントな【ドリスヴァンノッテン】や【カルヴェン】
メッシュを使ってダウンの可能性を追求した【カラー】。デイリーに使える【ホワイトライン】。

 

そして、日本初上陸の、SAVE THE DUCK(セーブザダック)

 

このブランドは、日本初上陸、
というかヨーロッパ以外の国に初めての輸出開始だそうなので、
おそらく日本でこれを知っている人は、かなり少ないのではないかと思われます。

軽く解説しておきます。

 

Save the duck tiurf italy

 

SAVE THE DUCK。

DUCKとは、カモ・アヒル。つまり、ダウンの原料になる羽毛を生やす生き物です。

これを、SAVE(守る)、という意味のブランド名。

なので、このダウンの中身は、もちろん天然の羽毛ではありません。

 

イタリアのブランド

このブランドについては、
イタリア国内では、大都市だけでなく、地方の紳士服店やセレクトショップでも、
そうとうな数の取扱店があるとのことです。

たとえば、ミラノでは、あの有名な【Brian&Barry】でも取り扱われています。

「このブランドをミラノで扱ってるお店ある?」とショールームのスタッフにたずねて教えてもらって、
【Brian&Barry】に視察に行ってきましたが、
このお店は、1Fにクラシックな高級クロージングがおいてあり、
地下の奥に奥にと行くにしたがって、だんだん価格が下がってきて、テイストもでスポーティになってきます。

セーブザダックは、このお店の、地下の一番奥にディスプレイされてました。
つまり、観光客相手ではない、リアルな地元顧客のためのスペースに、このブランドが展開されていました。

 

聞けば、このブランドはイタリア以外の国にまだ輸出したことがないということなので、
いまはまだ非常にローカルな ブランドです。

そして、実際のイタリア人が毎日の生活の中で着ている、デイリーなウエアなのではと思います。

 

savetheduck-tiurf1

 

savetheduck-tiurfsavetheduck-tiurf

バイヤー的に、個人的に、一番気に入ったのが、上の写真のジャケットタイプのダウン

オモテ素材として、ストレッチ性のあるナイロン素材を使っているので、
着ていてストレッチが効いています。

ややマッドな光沢のある素材で、これにはひとめぼれしてしまいました。

 

save-the-duck-tiurf

 

 

PLUMTECH

 

中ワタには、このようなハイテクポリエステル綿の、PLUMTECHを使っています。

 

 

save-the-duck-tiurf

 

LOGO

ロゴは、皮肉にも汗をかいたアヒル(カモ?)がモチーフ。

 

このロゴについてはかなり目立ちますね。

このブランドを取り扱うかどうしようか、迷っていたときに、

わたくしは、このロゴのついたダウンを、ミラノの空港でも見かけましたし、
飛行機のビジネスクラスの乗客がこのブランドを着ているところも、実際にこの目で見ました。

モンクレールのロゴほどよく見かけるわけじゃないのですが、
ちゃんとイタリアで浸透しているんだな、と思いました。

(ちなみにその乗客は、一人は、スーツの上にダウンを着てました。
もう一人は、厚手のニットの上に、SAVE THE DUCKのダウンベストを着てました。)

 

先程のミラノのショップの視察結果と、
実際に空港で着ている人を見かけたこと。

この2つを目撃して、このブランドの取扱いの決心がつきました。

 

 

サイズ感

メンズのサイズ感は、

S, M, L, XL がそれぞれ、44, 46, 48, 50くらい

です。XSの展開はありません。

 

レディスのサイズ展開は、

0, 1, 2,,,展開で、これのサイズはモンクレールとほとんど同じくらいとのことです。

つまり、0がS、1がMくらいです。

 

キッズ(子供服)のサイズ展開は、

4,6がそれぞれ、4-5歳、6-7歳用という意味です。

 

SAVE THE DUCK のレディスはコチラ

SAVE THE DUCK のメンズはコチラ

SAVE THE DUCK のキッズはコチラ

 

 

 

素材について

素材は、大きく分けて3つ。

定番のGIGAELAXと、新素材のANGYです。

 

GIGA

は、つるつるとしたナイロン素材で、表面に光沢があります。シャイニーナイロン素材です。

 

ELAX

は、光沢を抑えたナイロン素材で、ウレタンを含んだストレッチ素材です。ナイロンマッド素材。

 

新素材の

ANGY

は、シルキーな光沢のある高級感ある質感の素材で、ストレッチ性があります。
先ほど上にあったネイビーのジャケットタイプは、このANGYの素材です。

写真のネイビージャケットangy素材モデル:

SAVE THE DUCK :
D3080 ANGY 09 JACKET DOWN NAVY BLUE MELANGE 2013-14AW

 

ANGYのみ、型が2型のみで、色はネイビーとグレーの2色展開。
GIGAとELAXはかなり色数があります。

 

 

価格

気になる価格は、

一番安いのは、GIGA素材を使ったダウンベストで、12600円。

ELAX素材を使ったダウンベストは、19950円です。

 

スタンダードなモデルでは、
ジャケットタイプとフードタイプの2種類があり、

価格は 16800円。

 

ELAX素材を使ったフードタイプは、28350円です。

 

一番最高級モデルは、ANGY素材を使ったタイプで、
フードタイプ、ジャケットタイプ、ともに 36750円です。

 

 

 

ご予約受付中

 

TIURF WEBサイトで、予約を受付中です。

こちらから御覧ください。

 

 

SAVE THE DUCKの商品一覧

TIURF

 

 

SAVE THE DUCKについて、

商品その他についてのお問い合わせは、セレクトショップTIURF(チューフ)まで、
お気軽にご相談ください。

 

savetheduck-tiurf

 

TIURF

〒370-0053

群馬県高崎市通町18番地

027-383-3713

http://store.tiurf.jp

info@tiurf.com

水曜定休日 / 通販OK / 送料無料

OPEN 11:00-20:00

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です