NEAR SIDE SHOTS KRISVANASSCHE 2011-12AW PARIS SHOW [4/24画像修正*1/23文章追加]

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

KRIS VAN ASSCHE

NEAR SIDE SHOTS:
2011-2012 AW PARIS COLLECTION MEN
all photos by TIURF 番頭日記


2011年 1/21、クリスヴァンアッシュのショーを観てきた。
すでにたくさんのサイトで、クリスのショールックをご覧になった方も多いだろうけど、
いろんな人の意見を聞く前に、まず自分の考えをまとめておく。

 


KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF026.jpg

ショーの直後に、style.comに語ったクリスヴァンアッシュの言葉は次のとおりだ。

“I was thinking of these guys who are 20, 25; they’ve all been wearing sweatshirts,”

私は、20歳、25歳の男の子について考えていた。彼らはみんなしてスエットを着ていた。」

“They need to get into their real life and buy a suit and go to work. It’s about turning this really adult piece into something cool. The suit is really everywhere, but they’re never comfortable, they’re never cool, and they’re never easy to wear.”

「彼らには、現実的にリアルな日常にかかわる必要があり、スーツを買って仕事にいく。

それは、このスーツという本当にアダルトなアイテムを、何かクールなものに変えていくこと。
スーツは、本当にどこにでもありふれたアイテムだけど、それらは決して快適ではないし、酷くダサいし、おまけに着にくい」

今までのコレクションでは、
「ストリートを歩く、デニムやスニーカーを履いている20代の男の子に、
きちんとした仕立てのテーラードジャケットを着てもらいたい」
と語っていたクリスヴァンアッシュ。

それを、もう1段階上に上げた印象を受けた。

KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF027.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF028.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF029.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF030.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF031.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF032.jpg
KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF033.jpg
KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF034.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF035.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF036.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF037.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF038.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF039.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF040.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF041.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF042.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF043.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF044.jpg
KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF045.jpg
KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF046.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF047.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF048.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF049.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF050.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF051.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF052.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF053.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF054.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF055.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF056.jpg
KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF057.jpg
KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF058.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF059.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF060.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF061.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF062.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF063.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF064.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF065.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF066.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF067.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF068.jpg
KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF069.jpg
KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF070.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF071.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF072.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF073.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF074.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF075.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF076.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF077.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF078.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF079.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF080.jpg
KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF081.jpg
KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF082.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF083.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF084.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF085.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF086.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF087.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF088.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF089.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF090.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF091.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF092.jpg
KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF093.jpg
KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF094.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF095.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF096.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF097.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF098.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF099.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF100.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF101.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF102.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF103.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF104.jpg
KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF105.jpg
KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF106.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF107.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF108.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF109.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF110.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF111.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF112.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF113.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF114.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF115.jpg KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF116.jpg
KRISVANASSCHE_LOOK2011-12AW_TIURF117.jpg

(続き)

こうした変化は、当然といえば当然だ。

クリスがコレクションデビューしたのは29歳。まだエディ・スリマンと仕事をしていたのは25歳頃だった。

それがいまは35歳くらいになっている。自身の成長と顧客と、一緒にテイストや服が年を重ねているのは、これは良い変化だと僕は思う。

コレクションをみて全体的には、
20代というよりは、ニホンでは30代かなと。
スーツは、3つボタン、2つボタンというクラシックなものではなく、JIPなので、
ニホンでは、普通のサラリーマンというより、こういう服を仕事で着ることが許されている人、
あまりスーツにうるさくない職場、クリエイティブな仕事、自営業、業界人、美容関係、建築・デザイン関係者とか。。

まず、靴がイイよね。

んでこの靴があると、スラックスもやや緩めのモノで合わせたくなるし、
コートはオーバーサイズが多めだから、どうだろう?

また、コレクションピース以外で、必殺アイテムを見つけてくるけど、
これだけ素材のバリエーションが多いシーズンなので、コレクションピース以外でも良いものがたくさんありそう。

そんな印象でした。

クリスにとって自分の服を着てもらい対象は、あいかわらずストリートにいる若者なのだけど、
彼らだって働くし、スーツも必要だ。
そんな彼らについて深く考えているんだろうな、と思った。

あと、「グレード感」について。

最近のマイテーマが「グレード感」。形や見た目のデザインではなくて、質感というか、ぱっと観て安っぽくないというか、なんかそういうのをテーマに今季は選びたいなって考えてた。

うち(TIURF)が、一番他に勝ってるのは何かなーって考えたとき、

それは「質感」「グレード感」かなって思った。
グレード感は、見比べちゃうと誤魔化せないのだけど、見比べても違いがわからない人がいる。
見比べてわからない人にはそれまでだけど、分かる人には、しっかり説明もして、なぜこの質感が生まれるのか、この質感を出すために、どこをどのように工夫しているのか、そしてそれを着たときに、明らかに人と違うというか。

今回のクリスは、そーいったグレード感はほんとにスゴかった。
これは、生で観るか、超高解像度の画像でみないと、なかなかわからないって下の画像見て思ったし、ツイッターでもそんな意見があった。

そのあたりは、やはり人に伝えるのが難しい部分でもあるからなー。
クリスも最近は、「グラフィカルなデザイン(見た目で分かりやすい、ビジュアルで違いのあるデザイン)」をやめてきていて、どんどんシンプルに、シックに、なってきていて、ますますコアなお客さんしかクリスの良さが伝わらない気もする。
でも

店頭で手に触れると「イイね」ってなると思う。

 


色について。


前回、前々回みたいにワントーンではなくて、

靴やバッグで差し色を加えたりしてて良かった。前回と前々回は、真っ黒ばかりだったから。

コーディネートで気に入ったのは、Berlutiでもお得意の、ソールにヌメ皮(肌色の革)を使った色と、それに合わせてヌメ色のベルトをコーディネートしたやつ。

ブーツも履きやすそうで、シェイプした足首に巻いたバンド状のベルトとか、
ソールをよくよく見るとラバーが貼ってあるのがわかった。なんでもないようだけどこれは凄くニホンにはありがたいことで価格に大きく影響するんだ。ソールにラバーが張ってあると、底材がレザーでも関税がぐっと安くなるので、店頭に出せる価格が変わる。

バッグはみんな、EASTPAKなのかなぁ。。

ともかく、あさって、展示会に行くので、実物をチェックしてみてからまた報告しますね!


all photos by TIURF 番頭日記


ちなみに1枚目の写真はファーストルック。いろんなサイトのルックで、カメラ持ってる僕が写ってたりします。
アングルに入ってしまってすんません。

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

“NEAR SIDE SHOTS KRISVANASSCHE 2011-12AW PARIS SHOW [4/24画像修正*1/23文章追加]” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です