『コーネリアンタウラス』の人気モデル、4 HANDLE BAGのMINIとHIGHの大きさの比較

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

CORNELIAN TAURAS BY DAISUKE IWANAGA
2011 SPRING-SUMMER

今日は3月最初の土日。こんにちは。お久しぶりの更新です。

神戸発の馬革レザーバッグブランド、
コーネリアンタウラス・バイ・ダイスケイワナガ
は、TIURFでもたくさんのファンがいらっしゃる、made in Japanブランド。

馬革、植物タンニング、ほとんどが職人による手仕事。
ヨーロッパの高級メゾンのバッグにも負けない日本製バッグとして、着々と人気が高まってきています。
2月から、このコーネリアンタウラスの2011年春夏モデル新作の入荷が始まると、
webサイトにも商品がアップしたこともあって、
多くの方からメールやフォームでお問い合わせをいただきました。
中でも、
「4 handle(フォアハンドル)」シリーズのサイズについて
のサイズについてのお問い合わせが一番多かったので、
まずはこのシリーズの大きさを画像で比較してみたいと思います。
4HANDLEシリーズは、コーネリアンタウラスの中でも定番的な位置づけで、
デビューバッグ「スペシャルショルダー」が、
どちらかというと「奇抜で、見てすぐブランドがわかるような強い個性のバッグ」なのに対して、
4ハンドルは、どちらかというと「シンプル、プレーン、仕分けしないで何でも入れられるバッグ」、
という感じ。上にもZIPがないので、バッグというより、「革製の袋」という印象です。
ちなみにこのモデルは、4つの持ち手(ハンドル)がついていることがネーミングの由来だそうです。
私がバイヤーとしてこのモデルにぐっと興味を持ったきっかけは、
デザイナーの弟の、岩永さんがTIURFに遊びに来てくれた時に、このバッグを私物として使っていたからです。
それまでTIURFでは、スペシャルショルダーなど、パッと見でコーネリアンタウラスと分かるデザインの物を多めに発注していたのですけど、
しかもレザーは、パラフィン加工のものをチョイスしていたのだけれど、
岩永さんが使っている私物のフォーハンドル・ハイは、レザーはパラフィン加工をあえてしていない『スムースレザー』というレザーで、
見た目も光沢がなく、さわり心地も革本来の柔らかいヌメの感触で、
私はこれをみて、ものすごく気に入ってしまいました。
このモデルとズバリ同じものを仕入れるつもり満々で、
いざ展示会に行ってみると、になると、
この時岩永さんが私物使用していた「フォーハンドル・ハイ」の他に、
なんと新たに二つのサイズが増えていました。
それが、
『フォーハンドル・MINI』と『フォーハンドル・X-MINI』でした。
この二つのモデルは、
実はレディスモデルなのですが、
もちろん、まったく同じディテールで、サイズが違うだけなので、
男性が使用してもまったく問題ないですし、
コーネリアンタウラスをメンズのみしか扱わないお店には入荷していないはずのモデルなので、
これはオイシイなと。
とゆうわけで、この3つのフォーハンドル・シリーズについて、解説いたします。
まず、種類については、
メンズのノーマルサイズが、「HIGH」という大きさ。
品番でいうと、
CORNELIAN TAURAS by daisuke iwanaga : CO09SSPH040 4 HANDLE HIGH BAG_HORSE NUME SOFT_GRAY_2011SS
2011春夏 コーネリアンタウラス・バイ・ダイスケイワナガ 4 HANDLE HIGH

TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-コーネリアンタウラス
TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-コーネリアンタウラス
TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-コーネリアンタウラス

これが最も大きなタイプとなります。
持ち手に2つ、両脇にショルダーベルト用のハンドルが2つで、
4つのハンドルがついているのが、画像からお分かりいただけるかなと思います。
この大きさを覚えておいていただいて、
次に、
MINIのサイズがコチラ。
商品品番: CORNELIAN TAURAS by daisuke iwanaga : CO09SSFH020 4 HANDLE MINI BAG_COTTON LINEN_NATURAL_2011SS
【予約受付中】2011春夏 コーネリアンタウラス・バイ・ダイスケイワナガ 4 HANDLE MINI NATURAL

TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-コーネリアンタウラス
TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-コーネリアンタウラス
TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-コーネリアンタウラス
TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-コーネリアンタウラス
TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-コーネリアンタウラス
TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-コーネリアンタウラス

素材は、コットンキャンバスと、レザー(ヌメ)のコンビです。
レザーよりも軽いし、色も春らしいので、
ベビーバッグとして女性が使ってもいいかなと考えて、この素材でMINIをTIURFとしてはチョイスしましました。
次に挙げるX-MINIと比べると、ぐっと大きいし、かといって旅行をするほどでもない大きさ、
として、MINIはいい感じですよね。
最初の画像に挙げたこれは、レザーのX-MINIと、コットンのMINIとの大きさの比較。

TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-コーネリアンタウラス

最後に、x-MINI。
主にクルマ社会の方を想定した大きさで、
財布、携帯、名刺入れなどちょっとした小物を入れて、毎日の生活で使うにはベストの大きさです。
商品品番: CORNELIAN TAURAS by daisuke iwanaga : CO09SSFH050 4 HANDLE X-MINI BAG_HORSE NUME SOFT_BLACK_2011SS
【予約受付中】2011春夏 コーネリアンタウラス・バイ・ダイスケイワナガ 4 HANDLE X-MINI

X-MINIは、[ ブラック ][ グレー ]の2色あります。

TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-コーネリアンタウラス TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-コーネリアンタウラス TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-コーネリアンタウラス TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-コーネリアンタウラス TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-コーネリアンタウラス TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-コーネリアンタウラス TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-コーネリアンタウラス TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-コーネリアンタウラス TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-コーネリアンタウラス

X-MINIは、
HIGHとまったく同じ素材の小さいバーション、という感じにしたかったので、
素材はHIGH(大きいタイプ)と同じ革素材で発注しました。
なので、X-MINIは、HIGHを単純に小さくした感じ、と思っていただいてOKです。
とゆうわけで、
X-MINIは、だいたい腰幅くらい。
MINIは、だいたい肩幅くらい。
HIGHは、それより10センチ大きいくらいの感じですね。
ここでご紹介したコーネリアンタウラスのバッグは、
コチラで一覧で御覧いただけます。
http://store.tiurf.jp/products/list.php?brand_id=20
なお、もっとこのブランドについて詳しく知りたい方のために、デザイナーさんのインタビューをyoutubeにアップしてありますので、コチラをご覧いただくと、さらにこのブランドの凄さが分かると思います。
デザイナーさんとタンナー(革染工場)などが直接映像になっているのも、非常に貴重。
デザイナー岩永大介さんのインタビュー part1

part2

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です