(追記あり)2011-2012 秋冬 DQUARD2 展示会でスーツライン発表。

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

来来季、2011-2012秋冬の、ディースクエアードのプレコレクション展示会にいってきました。
ん、春夏じゃなくて、『秋冬』かよ?
って、
っこみたい気持ち、わかります。
すいません、春夏の情報をぜんぜんこのブログでお知らせしてなくて、突然秋冬だなんて、
春夏の情報、出し惜しみしすぎっすよね。
でも、この、
たった今みてきたばかりのホットな感覚は、
あとになると薄れてしまうので、
やはりいま書いてしまうことにします。
☆次の秋冬は、スーツラインがお披露目のディースクエアード

photo:01


photo:02


photo:03



海外の報道では先日発表されていました、ディースクエアードの新しいライン、
スーツラインが、2011-2012年aw よりスタートします。
海外でのデザイナーへのインタビューでは、こんな風に答えていた。
『僕ら(ディースクエアード)の服は、今まではWeek Endを楽しむ男性のための服だった。
僕らの服を気に入ってくれる男性ならば、Week Day はスーツを着なくてはならない場合があるだろうから、
僕らはそのためにスーツラインを新たに立ち上げることにした。』
この記事をみて、
僕はゴモットモダ!!
と叫びたくなった。
ディースクエアードに限らないが、
こうしたハイブランドが好きで、着ることがステイタスでもある【僕ら】には、
仕事で着るスーツにあまり選択肢がない。
ラグジュアリーの延長線上としてのスーツは、デイリーの仕事できるには作りが華奢過ぎるし、
量販店のスーツはなるべくなら着たくないし、
そうなるとあとはサルトリアルかオーダーかとなるが、
ハイブランドのシルエットに目が慣れてしまったひとにとっては、
どれもみなしっくりきてなくて、【仕事だから】と半ば諦めてスーツをチョイスしていた人も、多かったのではないか。
そんな、
以前より、スーツに対して、
バク然とそんな問題意識を抱えながら毎シーズン過ごしてきたが、
ついにこの問題を解決してくれるのではないか、というニュースが、今回のディースクエアードによるスーツラインの発表だった。
恵比寿にある展示会場についてから、
営業さんらと来季の方針についてしっかり話し合いをしてから、ラックにかかっている服を順にチェックしていった。
来来季秋冬の発注のやり方は、実はもう決まっているので、
ズバスバと瞬間的な判断でピックするモノを決めていく。
一アイテム、一秒以内に、決める。
スエットやTシャツなどには一切目もくれず、というかみたけど琴線に響かず、
響いたモノだけを素早くチェック。
なるほどー。
いま思ったけど、NYのバーニーズのバイヤーチームが、風の如くすばやく商品をチェックしているのをみたことがあるけど、あれでちゃんと商品チェックしてるのかと傍からみて思ったことがあったが、こーいう感覚でオーダーしてたのかーなんて、そんなことこれ書きながら思ったけど、あながち外れてないだろな。
さて、
スーツについての詳しい解説は、
一眼レフ(スタッフに借りたcanin 5d II )で撮った綺麗な写真があるので、後述するが、
基本形が5型あり、
5型のスーツに、それぞれ都市の名前がついている。
その五種類とは、
トロント 、
ロンドン、
パリ、
ミラノ、
ニューヨーク、
の五種類。
ベースになって一番クラシックなのがトロントで、スリムすぎないシルエット。
スリムシルエットで1番ベースになるのが、ミラノ。ナローなシルエットで、胸が細くできていて、服飾業界人が好みそうなシルエット。
パリは、ミラノに比べて着丈も短く、クロッチ(股上)も浅めで、シェイプが効いている。日本人に1番合いそうなシルエット。
ニューヨークは、パワースーツ。仕事をバリバリこなすニューヨーカーのイメージで、パリよりやや股上も深く、着丈も長め。
最後にロンドンは、三つボタンピークドラペル、クロップドパンツで、いわゆるデザイナーがいつも気に入って着ているシルエットだ。
もちろんイタリア製で、
工場や生地は、いつものスーツ工場と変えていないという。
それでいて、価格は、なんとセットアップで14万円からある。
たぶんこの価格なら、イタリア製ハイエンド工場のスーツとしては、ディースクエアードではなくても相当価格を抑えてくれているし、気に入った方素材違いや都市違いで買う人も出てくるにちがいない。
かなり、この新ラインに対する気合が見えるといえる。
僕としては、何を発注するかだけど、
全部着てみたけど、
大きいサイズでトロントが外せない。
48,50サイズはトロントとでいくとして、
個人的にはニューヨークのビジネス向きなシルエットも捨てがたい。
ディースクエアードの営業さんはミラノがいいというし、サイズ寸法を細かくチェックしていくと、パリが絶対細めな子には似合う。かといってロンドンは、デザイナーが一番気に入っている形だというし、、。。
マジ悩みます。
これから地元に帰って、じっくり選びたいと思います。
気になる方は、今週末まで個人オーダーも受け付けてますので、ぜひショップまでお問い合わせください。
0273843713
https://store.tiurf.jp

photo:04


photo:05


photo:06


photo:07


photo:08


photo:09



iPhoneからの投稿



追記:
TWITTERで、@euro_essenceさんから質問を受けました。
$TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-dsquared2のスーツラインについて質問
『先日のアメブロの記事を見て興味があったのでフォローさせてもらいました。
D2のスーツラインの記事、めちゃ気になります。スーツだけじゃなくてジャケット単品の販売もあるのですか?』
とのご質問でしたが、
スーツは上下セットアップ販売のみとなります。
『D2のスーツラインは、海外のWWDでも紹介されていましたが、来来季2012AWよりスタートする新ラインです。セットアップ販売のみで、ジャケットの単品売りはありませんでしたが、今までのJKだけの価格くらいでスーツになりますよー!』
ではでは。

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です