TIURF NEWS VOL.174 | クリスヴァンアッシュのクロってこんなに迫力ありましたっけ?

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

TIURF NEWS vol.171

TIURF公式サイト ■10月の新着商品
■twitter(ついったー)はじめました

こんばんわ。TIURFの番頭ホリゴメです。
今回は画像付きメール(HTMLメール)となりますので、画像表示を有効にして御覧ください。
 

KRIS VAN ASSCHE 詳解ページ完成!



KRIS VAN ASSCHEのスタオリングページ完成

各ルック解説とオススメアイテムベスト4


クリスヴァンアッシュの紹介ページが完成しました。

前半パートが、今シーズンの各ルック。オンマウス(マウスを画像の上)にすると、ルックのうち入荷済みのアイテムだけ画像が変る仕掛けになっています。
クリックすると、そのアイテムだけを表示できる仕組みです。

中盤パートは、いま入荷済みのオススメアイテムです。オンマウスで、画像が拡大します。
最後のパートが、クリスヴァンアッシュの現在の全入荷アイテムです。

▼KRIS VAN ASSCHE 2010-11AW ALL ITEMS LINE UP IN TIURF
http://store.tiurf.jp/user_data/krisvanassche_2010aw.php

 

オススメアイテムの一例。クリックで使用アイテムが表示できます。

 

 DRIES VAN NOTEN Pick Up Items
KRIS VAN ASSCHE BOOTS 2011AW クリスヴァンアッシュのスカーフ
  クリスヴァンアッシュのブーツ。サイズ残り僅かとなりました。   クリスヴァンアッシュのスカーフ
動画でも詳しく解説しています。 ビックスカーフと、シャツ素材のスカーフ、ニットのショートスカーフなど、バリエーション様々。

 TIURFオススメコンテンツ
【公式youtube】「TIURF youtubeチャンネル」スタート!
来季取り扱いブランドもこっそり掲載!

youtubeにて「TIURFチャンネル」がスタートしました!
来襲入荷予定のクリスヴァンアッシュのシューズや、
来季取り扱いブランドのスライドショーなど、
徐々にアップされています。
お楽しみに!同じアドレスでiphoneや携帯からも御覧いただけます。
このコンテンツを見る

  TIURFwebストアの人気カテゴリ

クリスヴァンアッシュ ドリス・ヴァン・ノッテン ジョン・ガリアーノ kolor 08sircus domenico+savio
クリスヴァンアッシュ ドリスヴァンノッテン ジョン・ガリアーノ kolor(カラー) 08sircus(08サーカス) ドメニコ+サヴィオ

  TIURFwebストアで開催中のキャンペーン

ショーアイテム NextOuterIssue ログイン 先行予約 DVDプレゼント
ドリスのショー使用アイテムをピックアップ! NEXT OUTER ISSUE。紙面カタログ掲載アイテム一覧! ログインして購入すると5%ポイント付きます! 10%ポイントがつく先行予約商品! お買上げの方全員にTIURF DVD(画像5000枚収録)を先着でプレゼント中!

編集後記&忘備録すっごく遅くなりましたが、クリスヴァンアッシュの詳解ページがようやく完成しました。
黒が多い今シーズンのクリス。
ずらっと並んだ商品一覧であらためてみると、あらためて迫力があるシーズンだなと思いました。

気温。
最近めっちゃ寒い。例年11/3(祝)頃、群馬では白根山が雪で白くなるのだが、
今年はもう、白い。
気温的には毛布に包まって寝る気温。
急に寒くなったが、面倒臭がらずに毛布を出すとしよう。

春夏発注。
今週は、2011ss最後の発注シーズンとあって、
昨夜も3ブランド発注を仕上げ。

昨夜発注が終わったのが、『share spirit」「yoshio kubo」「kuro」。
2007年からTIURFとしてスタートしたので、商品の動き具合もうけっこうデータがたまってきたので、
久々にしっかりとデータ分析してから発注。

シェアースピリットは、過去に売れたデータ分析をした結果、売れ筋に偏りがあることがわかったので、
分析結果を元に、サイズやアイテムなど慎重に選んだ。オススメはシャツ。

ヨシオクボは、とにかく東コレのショーが良かったので、ショーとして見栄えの良いものと、
実際にお店で求められているもの、これの兼ね合いを探った。
これも、データ分析してみたら、思いのほか、サイズ2,3が人気があることがわかったので、
Tシャツ類は、1,2、3まで。その他のアイテムは、あえてサイズ1を外して思い切った発注をしてみた。
ヨシオクボは、ショーのモデルにごつい外人ばかり使っていたので、どうもあのイメージが強い。
ストロングスタイル、サイズちょっと大きめ。これがキーワード。

最後に、[kuro]というデニムブランド。
発注が間に合ったかどうかまだ分からないのだけど、
日本を代表するデニムの機屋(生地メーカー)が協力し、海外へ輸出向けに作ったという日本のデニム専業ブランド。

普通、デニムは、「加工」が最もコストがかかる。
加工をしていないもの(ワンウォッシュ程度)のデニムと、ハードに加工したデニムとがあまり値段が変わらないというブランドもあるけど、
実際にはワンウォッシュと加工デニムは、もっと価格帯に差があってもいいものなんだ。
kuroの場合、加工もので22000円〜29000円くらいで、
なんとワンウォッシュで13000円だった。
これは通好みの価格設定。
人気はやはり加工物だというのだけれど、ウチのお店的にはワンウォッシュでキレイめに履いてもアリだなーと思って、
ワンウォッシュは、29,29,30,31,32,33,34,36,38までフルでサイズを発注。
さすが、海外向けとあって、大きいサイズまできちんと作ってあって嬉しい。
ちなみに[ kuro ]クロといっても、ブラックジーンズではなくて、ブルージーンズのみを生産。
来季春夏より、ブラックとホワイトをリリース。
なぜ、ブラックデニムとホワイトデニムが、ブルーデニムよりあとにリリースか、というと、
デニムの歴史の順がそうなんだそうだ。

と、長くなるので続きはまた。

ではでは。

TIURF
ホリゴメ

編集・著作:株式会社TIURF
(C) TIURF Co.,LTD 群馬県高崎市通町18番地2F奥

TEL:027-384-3713/e-mail:info@tiurf.com

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です