太文字系ブランドの発注中

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

僕らは、DMもWebサイトも自分たちで作っているので、
パソコン上や印刷物の上の文字の形(これをフォントという)については、多少の知識があります。
文字をよくみると、
大きく分けると二種類あって、
文字にカギのような節があって、筆で書いたような文字の形(明朝体系)と、
節が無く、字の太さが均一の文字(ゴシック体系)とに大別できます。
いま、ちょうど 08siucus と kolor の発注をしながら思ったのですが、

photo:01

これ、来季の発注書の表紙なんですけど、
どちらのブランドも、
ゴシック調文字(ARIAL black というフォントだそうです)なんですよね。
そういえば、ちょっと古いブランドとかってみんな明朝体系だな?とか気づいて、
まー、こういうのは、気分やイメージの好みとかなんですけど、
ブランドのロゴに使われているフォントひとつとっても、流行があるんだなーなんて思つたり。
これから流行りそうな、またはいまブレイクしているブランドって、どんなロゴのフォント使ってるかみていくと面白いかもですね。
この二つのブランドは、日本発のブランドとして確固たる地位を気づいているブランドですが、
経歴やテイストにもいろいろ共通点があります。
どちらもオトナ向けの、次世代ブランドであること。
カラーは完全にストレスフリーですけど、ゼロハチサーカスの方は、少しカラーに似てるけど、素材の使い方がもう少しカラーよりも硬く丈夫な質感を好むとか。
とゆわけで、独断と偏見で、
これからこの二つのブランドを、
新しくカテゴリしまして、
【太文字系ブランド】
と名付けることにします。
ここに、あとどんなブランドがこのカテゴリに入ってくるの?かは、
実はまだ考えてないのですが笑、
取り合えずこの二つは、同じカテゴリに入れたいと思います。
まー異論はあると思いますが。。
ではでは。
iPhoneからの投稿

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です