1/26 ドリスヴァンノッテン2009-2010秋冬発注中

Posted by in DRIES VAN NOTEN [ドリスヴァンノッテン]


1/26
DRIES VAN NOTEN SHOWROOM
IN PARIS
2009-2010 AW COLLECTION
IMG_4762.JPG
IMG_4686.JPG
DRIESVANNOTEN2009-2010AWPARISSHOWROOMDISP
START 展示会発注
まずは来季秋冬 ドリスヴァンノッテンから。
今日はドリスヴァンノッテンとガリアーノオム(ファーストライン)の展示会。
いよいよ本番スタート!
って感じで朝から早起きして気合いでエナジードリンクレッドブル飲んでスタート。
ドリスヴァンノッテンは、今回は正直、
「どーーーなんだろ??」
って気持ちだった。
ショーをみた場所が悪かったから(←しつこい)かな。
だいたいのめぼしでは、
ショーのシルエットというより素材がおもしろいんだろうな、
っと思ってたから、その辺に注目してみてみた。
IMG_4573.JPG
IMG_4574.JPG
DVN09aw_detail_15.jpg
ドリスの展示会場でまず目についたのは、
先日の番頭日記でもアップを載せた、ヘリンボーンのショートコート、
これは素材もサイズ感も抜群だった。
2007のドリスではコートをたくさんTIURFに発注して、2008はその反動で
ぜんぜんコートを発注しなかったのだけど、
今季のドリスはこれはいいなー。
COAT

IMG_4761.JPG
IMG_4763.JPGIMG_4764.JPG
んで、もうちょっと長くて襟がおもしろいトレンチ。
これはまだ発注を迷ってる。
IMG_4524.JPG
それから良かったのは、セミロングのダウン。
軽くて良かったなー。
特にウールストライプの素材は、
ARTHUR HARRISONというイギリスの老舗生地メーカーとのダブルネーム素材らしくて、
素材がめっちゃよかった。
ドリスにしては珍しく、生地のブランドネームがつくというアイテム。
着心地も良かったので、これは発注決定。
あと同じ形で、グレーの無地ウールダウンもあった。
DAWN JACKET STRIPE

IMG_4593.JPG
IMG_4594.JPG
IMG_4578.JPG
IMG_4530.JPG
あと、ドリス好きな人はこれいいんじゃん?
というのは、ロングのニットコート。
おなかのあたりにフックがついてて、ジップで着るとルーズシルエットで、
フック止めるとタイトに着られる、という、
今期ドリスのキーワードである二軸平行概念、ワイドとタイトを両立させる、
という意味で、あるいみ2WAY的な着方ができていいと思った。
明るめのグレーに、キャメルっぽい茶色の色のシャツを合わせるものGOOD。
LONG KNIT COAT

IMG_4587.JPGIMG_4584.JPG
IMG_4688.JPGIMG_4690.JPG
IMG_4691.JPG
半袖ニットもいいなー。
ショーで使ってたバーガンディー(濃いワインレッドみたいな色)と、
ショーで使われていない明るいグリーンをチョイスした。グリーンは自分用。
COMBO KNIT (KNIT + SCARF)

IMG_4605.JPG
IMG_4604.JPG
あと、今回おもしろいなと思ったのが、
ニットとマフラーをおソロでそろえる、という着方。
ある意味コンボ。
たとえば柄のニットと、同じ柄のマフラーを合わせて着る。
お財布とキーケースをおソロでそろえる、みたいな感覚で、
これはツボだった。
どっちかだけ使ってもいいし、コンボも楽しい。
コンボ、ってこれはおもしれー!と思って、
今回のニットはみんなコンボで発注した。
ショーで使われている白っぽい柄のニット(これもタートルニットとマフラーのコンポ)
とか、ショーの後半で使われている、グレーと水色のアーガイルVネックニット(これもスカーフがコンボである)
あと、これは発注迷ってるけど、キャメルの深くあいたVネックニット。
これは、同素材でも楽しいけど、ショールームでは、 あわせのコンボとして、
ニットスカーフではなくて同色の布シルクスカーフで合わせてて、これがめっちゃかっこよかったからこっちのコンボにしようか。
COMBO KNIT (KNIT + SCARF)

IMG_4623.JPG
IMG_4669.JPG
IMG_4652.JPG
IMG_4580.JPGIMG_4603.JPGIMG_4622.JPG
IMG_4659.JPGIMG_4663.JPG
あと、単品で着られるシャツが良かった。
これも二軸平行概念なのか、
やや生地厚めのグレーウールとポプリン綿シャツの「異素材切り返し」のシリーズがすごくよかった。
横で選んでた別の外人バイヤーさんらと、これいいよね~な状態になって、
一緒になって写真撮影のとりっこ。
値段も、この辺は28000円~34000円くらいと買いやすいので、
秋の入荷初っぱなの時期に、ちょっと羽織りたい物としてかって、そのあとずーっと着られるという、いわゆる「使える一枚」なやつで、
「こーいうの、ドリスで待ってたんだよねー」な一枚。
通販じゃ売れないかもしれないけど、店頭で見た人は、たぶんみんな欲しいと思う。
IMG_4647.JPG
IMG_4744.JPG
あと、靴。
黒クロコのシューズと、
黒スニーカー。
スニーカーは、ちょっと高かったけど、履き心地がめっちゃよかったんで、
これは自分でほしいなー、みんなも欲しいかなー。。とか思って、自分の感覚で発注決定。
SHOES 'N SNEAKER

IMG_4704.JPG
IMG_4719.JPG
BELT

IMG_4725.JPG
STYLING KEY IN THIS SEASON
"BLACK AND WHITE"

あと、スタイリングのキーとして、
パンツでもジャケットでも、スタイリングのどこかに「白」を使うのが今シーズンのキースタイリングなんだそうだ。
というのも、誰の写真集だか名前は忘れてしまったけど、
テーマが、ある写真集"BLACK and WHITEなんだそうで、
これがイメージリソースなんだそうです。
IMG_4648.JPGIMG_4632.JPGIMG_4777.JPGIMG_4778.JPGIMG_4800.JPG
で、ちょっといまそのBLACK and WHITEで検索してどの写真家の写真集か調べたんだけどよくわかんなかったんですけどね、代わりに出てきたのが、
"Black or WHITE"
マイケル・ジャクソンの比較的最近のシングルカット曲です。ぼくはマイケル好きなので、「おっ?」と思ったんですけど、
ORとANDっていうのは、プログラミングの世界でもそうですけど、全然逆の意味になるじゃないですか。
で、思ったんだけど、やっぱり、黒人初のアメリカ大統領オバマ氏の大統領の就任もあったけど、で、その就任式に200万人もの人が一目見たくて集まって、
わーっと盛り上がってるところで、あるインタビュアーが黒人に感想をインタビューしてるんだけど、そこにきてる黒人の方なんて、「おれが生きている間にこ
んな風景が見られるとは、"夢"にも思わなかった。死んだ叔父に見せてあげたい」みたいなことを言ってるんですね。
で、ここヨーロッパでも、なんかのプロパガンダかもしれないけど、"I have a dream"のキング牧師の映像が何度も流れてる。
I have a dreamの時代は、黒人と白人が真っ向から斗かっている(たたかっている)時代で、つまり、黒人か白人かで社会の中で覇権を争っているわけで、
つまり、 Black OR WHITE、黒人か白人か、な時代だったわけで。
でも、いまは、 まさに Black AND
White。黒人と白人が、どちらかではなく、どちらもが 結束して、白人がぶっこわした金融システムとその後の時代の舵取りを、若くてハンサムな黒人に
ゆだねたわけでね、まさにblack and whiteがその両方が仲良く手を取り合う時代になったわけで。
そー考えると、
ドリスの今季のテーマとしてBlack and Whiteを選ぶあたり、ひさびさにドリス、さすがに、「なるほどな」って思いますよね。まー、考え過ぎかもしれないですけど、いろいろ感じるのがファッションショーの醍醐味なんで、まー赦してね。
ではでは。


商品のお問い合わせ、ご予約は、ショップTIURF(チューフ)までお気軽にどうぞ。
TIURF
通販、お問い合わせ→http://tiurf.com
電話で直接お問い合わせ→027-384-3713
メールでお問い合わせ→info@tiurf.com
住所:〒370-0053 群馬県高崎市通町18番地2F奥
JR高崎駅西口徒歩7分、井上病院のあるレンガ通り、古くからある「だいこくや」さんの目の前2F奥です。
JRでは、新宿から湘南スカイラインで1時間40分、上野から新幹線で60分。お車では、高崎インターまたは藤岡インターから20分です。
オープン:11:00-20:00 水曜定休
TIURFは、ドリスヴァンノッテンの正規取り扱い店のセレクトショップです。
ドリスヴァンノッテンは通販もOKです。代引き、クレジットカード利用OK。
ご予約については、詳細を記載した手引きをお送りしますので、ショップまでメールまたは電話にて直接お問い合わせください。
この記事はリンクフリーですが、できればこのページへのリンクを明記お願いします。
写真の無断使用はお断りします。