クリスヴァンアッシュ2009ssパリコレインプレッション (前半)

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

KRIS VAN ASSCHE
2009SS MEN'S PARIS COLLECTION

IMG_8502.JPG
IMG_8503.JPG
↑[デザイナー:クリス・ヴァン・アッシュ本人]
クリスヴァンアッシュファンのみなさま、お待たせしました。
上の2枚、のっけからクリスのサービスショット!
今回のクリスヴァンアッシュのパリコレ2009春夏は、
パリのちょっとはずれにある大学の校舎が会場でした。
IMG_8481.JPGIMG_8485.JPGIMG_8486.JPG
IMG_8493.JPGIMG_8494.JPG
長ーいランウェイが取れる場所。
会場の形は、ちょうど、L路を逆さにしたようなかんじ。
左奥には、フィッティングの舞台が丸見えだ。
これからモデルに着せられる服がハンガーにかかっている。
IMG_8497.JPGIMG_8499.JPG
IMG_8500.JPGIMG_8505.JPG
IMG_8508.JPGIMG_8510.JPG
会場は、開放的で、光がたくさん入り、道に面しているので、外からも覗ける会場です。
ドリスもそうでしたが、テーマの要素として「日常感覚」ってのがあるのかもしれませんね。
先日、+1 FOOTBALL MATCH でも活躍されていた「中田英寿氏」も会場にいらしてました。
先の尖った、エナメル黒のヒールのあるシューズ、デニム、黒JK、サングラスにハット。
相変わらずカッコいいですね。現役の頃もミラノのショーで一回見かけたことがありますが、その頃と比べると少し体が細くなった印象です。
IMG_8520.JPGMVI_8519.jpg
ちなみにヒデはこのあと、7/1の北海道千歳市・支笏湖周辺で開催された
J8(ジュニア・エイト)サミットのオープニング・セレモニーに参加したとのことなので、
なんともお忙しい方です。
中心地から遠い会場だったので、開始予定時間から過ぎても
まだ人がまばらだったが、30分くらいたつと、急に人で溢れてきて、熱気を帯びてくる。
その頃、堂々とクリス本人が正面から登場。
奥へと消えていく。
スニーカーにデニム、レザー姿でした。
ショーが始まる。
柔らかいコットン素材、
ドローストリングのディテールのヒモ
ジレ
ぶらぶかのワイドパンツは何本もタックは入っている。
スニーカーのハイカット
IMG_8532.JPGIMG_8533.JPG
IMG_8534.JPGIMG_8536.JPG
IMG_8538.JPGIMG_8539.JPG
IMG_8546.JPGIMG_8547.JPG
IMG_8550.JPGIMG_8551.JPG
IMG_8553.JPGIMG_8555.JPG
IMG_8564.JPGIMG_8567.JPG
IMG_8558.JPGIMG_8568.JPG
IMG_8570.JPGIMG_8571.JPG
IMG_8577.JPGIMG_8579.JPG
腕まくりして袖が短いジャケット
すごくお尻の小さいスラックスは、スソをロールアップして、カラフルな靴下をハイカットスニーカーの上からわずかにちら魅せ。
IMG_8581.JPGIMG_8582.JPG
IMG_8583.JPGIMG_8584.JPG
IMG_8586.JPGIMG_8587.JPGIMG_8588.JPG
IMG_8590.JPGIMG_8592.JPG
IMG_8613.JPGIMG_8595.JPGIMG_8597.JPG
IMG_8596.JPG
IMG_8600.JPGIMG_8601.JPGIMG_8602.JPG
IMG_8605.JPG
全てが新しくて、フレッシュで、さりげなく主張があって。
でもやりたいことがはっきりしている。
すごくクリスっぽいディテールが満載だ。
黒はほとんど使っていない。
色も最小限で、アクセサリーや靴下などにわずかに色を使うだけ。
でも、十分カジュアルに使えそうなのに、エレガント。
こういうのを、どうして他のデザイナーは作れないんだろう。
軽くて、さわやかで、でもカジュアル感がすばらしい。
「ジャケット着てればエレガント」とか、もはやそういう時代ではない。
どこのブランドでもジャケットくらい作ってるし、みんな同じように、ラペルがあってボタンがあって、、、
私は(実は)そーいうのに少し飽きてきているが、
このコレクションはほんとにすばらしかった。
あーいうのを着たいなーと思うのものばかりで、すごくよかった。
で、これらの印象は、またこの後に展示会に行ったときに、
さらにさらに印象が変わっていくのだが、、、
おっと、ここでブログ側の、
サーバーの画像容量いっぱいになってしまったので、
続きはまた後日。
お楽しみに!

TIURF
text and photos by  t
LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です