グランドオープンの原稿完成、07春夏通販カタログ、クリス、ニール、マスターマインド、などなど

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

fashionnews07ss.jpg

番頭タカアキです。
めっちゃ久々の更新になりますがみなさんお元気ですか?

さて私は、2月頭にパリから帰国して、それからすぐにデスクワーク(2/23の立上げイベント用DM作り)をがんばりまして、
ようやく週末からお店に復帰しました。

で、スタッフのセキネ、フクシマ、とで作った渾身の原稿はこんな感じ↓

原稿の表面(作成番頭)
kris-neil07ss.jpg
クリスヴァンアッシュ、ニールバレットの原稿(原稿作成番頭)

 

galliano-dries07ss.jpg
ジョンガリアーノオム、ドリスヴァンノッテンのページ(原稿作成番頭)

 

raf-rafby-rick-vivi-mmj-jc.jpg
ラフシモンズ、ラフバイラフシモンズ、ヴィヴィアンウエストウッド、マスターマインド、リックオウエンス、ジャストカヴァリ(原稿作成番頭)

 

taishi-5351-shorl-misa-post.jpg
タイシノブクニ、ミサハラダ、モンクレール、5351プールオム、ショール(SHORL)、ポストコー
(原稿作成:フクシマ)

poj-bajra-itty-bucchus-prid.jpg
POJ、バジュラ、イッティビッティ、バッカス、プライド、タウジャン
(原稿作成セキネ)

caihelpyou07ss.jpg

原稿はこんな感じになりました。
折込や投函までは、スタッフ全員で手分けしてやりました。
2/20昼投函できたので、皆様のお手元には、2/23当日頃に届くかと思います。
ぜひぜひよくご覧くださいね。

ちなみに今回のDMで番頭的にがんばったところ、見所は、、、

原稿作った順に、↓

ラフシモンズ:
テーマに、ジルサンダーでも使っている「クレインブルー」のような鮮やかなブルーを使っていて、なおかつ、テーマが画家ゴッホの「there is no blue without orange and without yellow」からの着想なので、ブルーが綺麗に出るように気をつけた。技術的には、フォトショップを使い、画面の左上のブルーとグリーンの部分は、同じ色の2枚のレイヤーを作り、上のレイヤーを半透明にして乗算で追い焼き処理し、より鮮やかな色になるようにした。
オススメはずばり、ビックバミューダパンツ(ハーフパンツ)なので、それを中心にレイアウトした。

ラフバイ:
ラフよりも、入荷商品がわかるようにした。

リックオウエンス:
リックは、入荷したものがもうだいぶ売れてしまっているいうこともあり、入荷商品そのものよりも、今回のイメージを重視した。

オススメはスニーカー。ハーフパンツ。

マスターマインド:
よく見ると、グレーの迷彩の中にゴロのドクロを二つ入れてある。テーマがミリタリーなので。

ジャストカヴァリ:
ジャスカバは、今年はイタリアチックな「赤」がすごくキレイなので、お店でも目立つはず、、と思い、赤を使った。サイズが大きめのものがちゃんと入荷するので、クリスやニールだとちょっと小さい、、という人で、でもインポートをきちんと着こなしたい人向けに、大きいサイズで仕入れした。

モンクレール:
モンクレールは、今年より春夏商品を展開。ポロシャツなどが入荷します。ホワイトデーや、父の日にもいいかも。

ヴィヴィアンウエストウッド:
Tシャツなどでけっこうかっこいいのが入荷しているので、そっちを載せるか迷ったのだけど、ショーのイメージで。写真で使用しているベルトや、ロンTのショーピースが入荷する。
ミサハラダ:

今季から取り扱い開始の帽子のブランド。この人は、錚々たる履歴の持ち主で、海外でも高く評価されている日本人デザイナーの一人。自信を持ってオススメです。

ドリスヴァンノッテン:
ドリスは、今季のテーマははっきりしていて、ショーを見たときの印象では、グレーから、フラワー柄のカラフルなものへ幅広くトレンドを押さえたのが特徴なのだが、men.style.comの記事を読んで印象がその変わり、結果的にうんちくをおさえて、上のようなレイアウトになった。なんかもー黒い格好がしたくないんだよなーってひとが、なんとなく気にしてくれるブランドになればと思い作った。
オススメは、すでにお店に入荷しているTシャツ系(たぶん日本でいちばん揃ってると思う)と、グレーのアウター。それから、これから入荷するフラワー柄系。

ニールバレット:
今季はなんといっても、ショールカラーのベストが良かった。そして、あとあとみんな欲しくなると思うけど、真っ白なホワイトデニム。デザイナーがそれを上手に着こなしているけど、白を上手に使って、インディゴの代わりに「ミッドナイトブルー」とニールが呼ぶ濃いダークネイビーをつかって、夏らしくさわやかに着こなしたい。
オススメは、スキニーのシルエットのボトム、アクセ、?のメランジ素材のエリつきカットソー。

ガリアーノ:
ガリアーノは、ショーのインビテーションが「フランケンシュタインの形をしたかみそり」の形をしたインビテーションカードだったので、それを使って、インビテの封筒の柄(ヒョウ柄)を使った。ガリアーノは大部分がすでに入荷済みなので、これから入荷するものを載せた。
オススメは、オールドスティール加工のジーンジャケットと、フランケンのTシャツとタンクトップ。

クリスヴァンアシュ:
クリスは、今年の目玉。今年はとにかく全部の商品が良かったので、あまりかたよらぜずに網羅させようと思い、ものすごいバリエーションの商品が入荷する。ショーで使っているものはほぼ入荷し、それ以外に、ショーで使っていないTシャツやシャツなどがほぼ網羅的に入荷するので、おそらく、入荷リストや、ウェブで商品が一覧になったときに、クリスの商品を知っている人ほど、びっくりするにちがいない。こんなにいっぱいあるんだ、、、!って。で、それを網羅的にカタログにすることは時間的に無理だったので、やっぱり、ショーのキールックと、ショールームのイメージが伝わるようなレイアウトにした。
オススメは、ほぼ全型入荷になるアクセサリー(上カタログ参照)、めちゃめちゃな種類が入るカットソー類、キレイなギンガムチェック系のシャツと、ショーのフィナーレで使っていた水玉柄のシャツ、スーツ、パラブーツのコラボシューズ、切り返しの付いたシャツなど。クリスは、今季は「ステッチワーク」にこだわっていて、写真ではほんとにわかんないようなところに、さまざまなディテールで遊んでいるので、商品が揃っているタイミングで実物を見るのが一番。なので、クリスは、ぜひ立上げの時に見に来てください。たぶん3月上旬くらいになります。

1枚目
表紙;どのブランドも、ちょっといつものシーズンより【色】に気を使っているようなので、今回は表紙はカラフルにしました。

また、新しいことがあったらここに書きますね。
それではまた。

セレクトショップTIURF
担当:番頭タカアキ

 

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です